ピースラン2007(広島から長崎までの最終報告)
2007 / 08 / 16 ( Thu )
ピースラン2007 


長崎に到着です!!



JR長崎駅にて




8月9日


諫早駅(396Km)   5:00発   アロハ







日の出とともに午前5時スタート!!
薄暗い町中を国道沿いに走る。
途中より旧道に入るところを、道を間違えて新道を走る羽目に…。
通過する車に注意しながら、峠を越えると諫早市からいよいよ長崎市に入る。

長崎爆心地(423Km)   

11:02 黙祷

続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ピースラン2007(広島から長崎までの報告3)
2007 / 08 / 15 ( Wed )
九州大分県に突入です!!武雄温泉駅で、此枝さんに交代です。それにしても・・・・暑い!!







8月8日

鳥栖駅(286Km)02:45着   此枝さん→竹上さん

神崎駅(302Km)07:00着   竹上さん→金井さん

牛津駅(322Km)10:00着   金井さん→アロハ








国道(新道)は、強い日差しの照り返しに悩まされる。さらに車優先の新道は直線的であり風景さえ変化が少なく精神的に辛いものがある。なるべく長崎街道(旧道)選択しなければならない。

爆心地長崎に向かう人々が多く見られるようになる。

例えば、別のピースランでリレーするランナー。先頭には宣伝車が、ピースランの趣旨を説明しながら徐行している。その後にランナーが続く。区間を10?程度を走ると次のランナーに交替するようだ。

夜間走行はせず、日の出とともにスタートし日没にフィニッショするスタイルだ。

コースは、新道のみを走るようで途中某駅前の通過すると待機したランナーの姿が見られる。


九州や四国の走友会などが主体に、数十名のグループらしい。

よく考えると、この炎天下を20?以上を走ることは大きなダメージに違いない。


さらに、今度は歩け歩け部隊の集団も多く見られる。

先頭には大きな旗をなびかせて、原爆禁止などの文字がはためいている。

その数…40名程度と思われる。老若男女あまた見受けられるなか、幼児を背負う両親の姿が印象的である。


人々の気持ちは…一路長崎に向けられているのです。





武雄温泉駅(342Km)12:38着   アロハ→此枝さん


武雄温泉源泉から徒歩10分にある。

建物も立派で、何だか道後温泉を思い出していた。

現代版健康ランドである。


続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピースラン2007(広島から長崎までの報告2)
2007 / 08 / 14 ( Tue )






ついに・・・・九州上陸です!!





8月7日



新山口駅(134Km)02:35着   アロハ→此枝 さん







JR徳山駅で金井さんより襷を受取り、新山口に向かう。

車の往来が激しい国道を下る。

周囲はすでに日が暮れて、大型トラックのヘッドランプが眩しい。

今回初めての夜間走行にはいる。日中の蒸し暑さ

嘘のように涼しく感じる。また、起伏も少なくて走るには好条件となる。

午前0時を過ぎるとお腹が空いてきた。


運良く24時間営業のラーメン屋があったので、暖簾をくぐることにする。

出汁は豚骨である。ここでは、ラーメンと言えば豚骨ラーメンを意味する。


お腹も満腹となり、まさに走りに集中できる環境です。

反射板の襷を首から脇にかけて、LDEランプを手に握って足元を照らして進む。

ペースが思ったよりもあがり、約45?を5時間35分で新山口駅に到着する。

ここで此枝さんに交替する。

予定では、駅そばにあるビジネスホテルにて仮眠をとる予定であったが、

あまりペースが速すぎて結局ホテルを追い出す格好になってしまった。


大変恐縮する私を後に、此枝さんは闇夜の街に消えていった。

此枝さんの根回しでホテル側には暗黙の了解を得て、僕は空いたシングル部屋でシャワーと仮眠をとることができた。

3日ぶりのシャワーを浴びると、生きている実感が全身を包む。

気分も爽快でビールもいっそうに旨い!!


此枝さんには悪いな〜!!と想いながら、心地よい睡魔に襲われる。


厚狭駅(161Km)06:10着    此枝 さん→竹上さん

長府駅(183Km)09:50着    竹上さん→金井さん

小倉駅(206Km)15:00着   金井さん→アロハ


JR直方駅に到着!!ここで此枝さんに交代です。

先ほどまでの冷たい雨にずぶ濡れ・・・早くシャワーを浴びた!!






午前中の酷暑が嘘のように雷鳴とともに大粒の雨に打たれる。

此幸いと雨のシャワーに喜ぶも、冷たい雨に濡れて次第に凍えてくる。

稲妻が黒崎の町中に黒い雲を走る情景を眺めながら、カッパの用意をしなければならない。

メガネのレンズに大雨粒が当たり視界が特に悪い。

靴はずぶ濡れで、少し気味が悪い。

長崎街道の面影を残す松並が現れた。その保存状態がとてもよくて、雨の中の松並を抜ける。

途中、道に迷う。大幅に迂回して直方駅に到着する。約30分ほどのロスタイム。


直方駅(234Km)19:04着    アロハ→此枝さん


続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ピースラン2007(広島から長崎まで)報告
2007 / 08 / 13 ( Mon )
2007ピースラン423キロ(広島から長崎までの報告)



8月6日〜9日までの4日間を、“チーム折鶴”と共に広島から長崎までの

423?を“核兵器廃絶!平和祈願!”をテーマして、その目的を達成することができました。

私達は分かったつもりでしたが、実際は予想以上に“過酷”の一言。
真夏の酷暑を如何に対応するか?それが一番に困難なことです。



外気温度30℃以上の気象条件でのランニングは、10キロ以上を走ればヘトヘト・・状態。やはり、真夏のランニングでは日中は避けるべきでしょう。

しかし、強い精神力と忍耐力があれば、また動機となる目的が如何に重要かを知りました。“成せばなる…。”の一念が、チームの意思を強く結んだ結果かもしれません。

本日より広島をスタートして、目的地長崎までの4日間のドラマを走り書きで、皆様にご招待致しましょう!!

このたびの趣旨に賛同して頂ければ幸いです。




8月6日



広島原爆ドーム発 9:00発

 アロハ



チームメンバー
原爆ドーム前で、折鶴チームメンバー4人の出発前写真。






今朝は小雨が降っている。
日中の天気もこのまま続くのだろうか?
曇り空の下、広島の町並みを走ると、湿度が高くて蒸し暑い。玉のように汗が額から落ちる。


続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ピースラン広島〜長崎423キロ速報!!
2007 / 08 / 10 ( Fri )
2007広島−長崎リレーマラソンニュース (2007年8月10日)



長崎駅から大会参加者16人全員で爆心地に向かい11時に到着した。黙祷し、爆心地を囲んで平成を祈った。

チーム折鶴・・・左より此枝さん、竹上さん、金井さん、アロハの4名





8月6日8:15、広島原爆ドーム前で黙祷し、9:00に折鶴(此枝さん、竹上さん、金井さん、そしてアロハの4名)、八重ちゃんの還暦
記念マラソン(1名)、菊里チーム・Peace(7名)、太陽(2名のうち磯本さん)、
チーム和(9名のうち3名)の5チームがスタート。慰霊ランの楽松師匠も
同時にスタート。




8月9日10:56、長崎原爆投下中心地公園・浦上天主堂遺壁に、折鶴(4名)、
菊里チーム・Peace(八重樫さんが加わって8名)、チーム和(2名が加わって
11名中4名)の3チームが約423kmを走って完走しました。太陽の田中さんも
同時にゴール地点に到達しました。

八重樫さんは関門トンネルの午後10時までの通過が厳しくなったため完走を断念し、菊里チーム・Peaceのサポートに専念しました。


太陽は磯本さんが長府で終了したため、長府〜小倉が繋がりませんでしたが、
いずれチームメンバーのどなたかがつなげてくれることが期待されます。

9日11:02に長崎原爆投下中心地公園で黙祷を捧げ、12:20頃に楽松師匠の
ピースラン(長崎〜広島)を見送り、14時頃から閉会式(懇親会)を16名で
開催しました。

広島〜長崎を走る過程では、猛暑と睡眠不足の中で、各チームともいろいろな
トラブルが発生しましたが、各チームとも上手に対処し、長崎に無事に到達
しました。

応援して下さった方々に感謝いたします。

続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ピースラン広島〜長崎・・・423キロ走りきりました!!
2007 / 08 / 09 ( Thu )
核廃絶を願って、

ピースラン423キロを走る。


4日間の走行距離208キロなり。


応援していただきました、皆様へ!!

心より御礼申し上げます。





核廃絶を願って、ピースラン423キロを走る。
4日間の走行距離208キロなり。


基本コースは、旧道・・・山陽道と長崎街道を時間をかけて24時間体制のリレーである。

メンバーは、4名(此枝さん、竹上さん、金井さん、そしてアロハ)。

一人約30キロ弱を交代でリーレする。

日中は約25キロ。夜間は50キロ強を・・・。

8月4日広島原爆公園を投下時間9時過ぎにスタートして、8月8日長崎原爆投下中心公園に投下時間1102前に到着。そして黙祷・・・。祈り、祈り・・・。

平和の鐘が、船舶の汽笛が、車のクラクションが・・・・泣いている。

62年前の広島や長崎は灰となり、両親や子供たちが野ざらしの黒こげとなり、一瞬に蒸発した人たち・・・。

今の戦争を知らない世代にも伝えていかなければならない。(祈)


原爆記念会館は、本日のみ無料開放です。

小さな子供から高齢のお年おりまで・・・生き残った人たちの伝言が心にヒシヒシト伝わってます。

その日の長崎も、暑かったのでしょう!!

焼けた体を引きずりながら、川に飛び込んだ人々の無残な屍が
重なるように浮かんでいる光景が僕には見える。


どんな理由があるにせよ、一瞬に数十万の市民が犠牲となる兵器は許されるのでしょうか?

辞任した某防衛省大臣のコメント・・・”仕方がなかった”。
どんな人間なんでしょうか?

焼け焦げて真っ黒な母と子供の屍を見ると、そんな言葉が出ないはずですないでしょうか?

原爆の光線から必死に子供をかばうように、覆いかぶっさた母の悲しみが理解できないのでしょうか?

戦争は狂気です。平時の人々には理解できないかもしれないのです。そして、僕も同じ立場かもしれません。





焼け付くような炎天下を走っていると、体が熱くなります。

僕はそんな状況の下で、原爆の炎で焼けつつある体を少しでも同じように体感できればと思っていました。

それは、確かに暑くてつらいものものでした。

しかし、原爆の犠牲となった人々は、僕が想像する以上の暑さで
亡くなって逝ったのです。

手を繋いだ親子の黒こげの姿が、今も忘れません。



続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ピースラン(広島〜長崎)出発・・・祈り
2007 / 08 / 06 ( Mon )
ピースラン


(広島〜長崎)432キロ



今朝はここ広島は雨が降っています。原爆投下のこの日を迎えて、涙雨かもしれません。

8:15に平和公園で広島原爆ドームで黙祷をし、私の故郷である”長崎”に向かってスタートする。
 
主な通過予定(交代予定)は

8月6日

広島原爆ドーム発 9:00 アロハ   

大野浦駅(26Km)発      13:00〜13:15 此枝
錦帯橋(44Km)発       15:30〜16:15 ○上さん
米川駅(66Km)発       19:00〜20:00 ○井さん
徳山駅(89Km)発       22:30〜23:45 アロハ

8月7日

新山口駅(134Km)発  6:30〜7:30   此枝
厚狭駅(161Km)発      10:30〜11:30○上さん
長府駅(183Km)発     13:30〜15:30 ○井さん
小倉駅(206Km)発     17:00〜18:45 アロハさん
直方駅(234Km)発     20:30〜22:30 此枝
8月8日


鳥栖駅(286Km)発   7:00〜9:00   ○上さん
神崎駅(302Km)発      9:00〜11:30 ○井さん
牛津駅(322Km)発      12:30〜15:15 アロハ
武雄温泉駅(342Km)発   15:30〜18:45 此枝さん
彼杵駅(367Km)発      19:15〜22:30 ○上さん
松原駅(376Km)発      20:45〜0:00  ○井さん(○上さん)

 8月9日

諫早駅(396Km)発   5:00         アロハさん
長崎爆心地(423Km)   11:02 黙祷


広島・長崎リレーマラソンは、携帯電話よりモノブログを行います。

リアルタイムで更新しますので、お時間の許す限り遊びに来てください!!

ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ピースラン(広島〜長崎)430キロ
2007 / 07 / 26 ( Thu )



8月6日(月)〜8月9日(木)は、広島から長崎まで430キロを走る。

ゴールは、長崎・大浦天主堂。


広島に原爆が投下された時間に黙祷後スタートして、

同じく長崎に投下された時間に、ゴールとなるリレーマラソンです。



自分だけの走りではなくて、何か他人のために走りたい。


そんな気持ちが高揚しているときに、”ピースラン”のキーワードを知ることになりました。


僕の生まれた地は、長崎。

原爆投下の地です。親父に聞いたことがあります。

僕の生まれた五島列島福江島から終戦間に、長崎市内に転居した多くの親類や親戚が原爆の閃光の下で、骨も残らないほど消滅してしまったことを知りました。

幸いにも、生き延びても”原爆症”と言われる長い闘病生活に苦しむ姿を見る機会もあります。

月並みですが”世界平和”への強い祈りを自分の身体に課そうと思います。

そして、2007広島〜長崎リレーマラソンに賛同します。


核兵器と戦争のない平和な世界の実現を願う


                        

 広島と長崎に原爆が投下されてから今年で62年目になります。被爆60周年の2005 年に「被爆者に被爆60周年はあっても被爆70周年はない」という言葉を耳にしま した。時がたつにつれて、原爆の悲惨さを直接知る方々が減少していくことは致し方ないことです。


しかし、核兵器が非人道的な兵器であり、地球環境を破壊する最悪の兵器であることに変わりありません。核兵器は非戦闘員を含む多くの人々を一瞬にして殺戮し、あるいは深い傷を負わせ、後遺症による苦しみを与え続けます。


 その核兵器は世界中に約3万発貯蔵され、人類を何度も滅亡させられるだけの 破壊力を持っていると言われています。


 私は核兵器も戦争もテロもなく、世界中のどこでも自由に走ることのできる世
界になることを願います。

 2007年は日本国憲法が施行されて60周年にあたります。憲法第9条では「国権
の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段
としては、永久にこれを放棄する」ことを謳い、国際紛争を平和的な手段で解決
することを宣言しました。


 今年の夏、核兵器と戦争のない平和な世界の実現を願いながら、広島から長崎
まで走ってみませんか。

続きを読む
ピースラン(広島〜長崎)430キロ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |