野辺山100キロウルトラマラソン完結編
2008 / 05 / 28 ( Wed )
撮影は、zephiyama画伯


馬越峠を走り始めると、先を歩く選手の姿が多く見うけられる。

峠の特徴として、最初はなだらかなスロープから始まって、徐々に標高が厳しくなり
傾斜もますます鋭角になってくる。

峠頂上付近では、傾斜15度の壁が選手を待っている。

コース途中より視界が開け一瞬に、八ヶ岳連峰
の勇姿を拝むことができる。

素晴らしい風景に見入っていると、眼下には小さな選手の一群が見える。

これから峠越えを始める選手を眺めると、なぜか嬉しくなる。

木蔭に吹く風は、心地よいものだが、これがなかなか危険な代物である。

疲労した選手を、睡魔が襲うのだ。

危険な領域に足を踏み入れると、地獄が始まる。

白夢をさまようように、身体も左に右に揺れておぼつかない状態に陥る。

ここに来て思うのだが、峠が見えないので空に向かって上るよな錯覚に気づく。

麓から必死で上っていると、歩いている選手から言葉をかけられます。

“いや〜頑張ってますね!!”と、エールを送ってくれる。

ここまでは、上りを歩き下りを走る作戦で、ここまで来た。

体力温存で、この激坂に挑むことを目的としていので、走る事が本望なのです。

何度も左右に蛇行をくりかえしながら、峠まで繰返す言葉は…“まだかよ?
キツイ!!“と。

坂を上ると言うことは、
自分の体重を持ち上げることになります。

平地を走るようには、うまくはいかない。
峠まで約5キロを、約40分程で越えること…これが目標です。

峠までの中間地点に1ヵ所だ
給水エイドがある。
エイドから坂を流れ落ちてくる水を発見する。

ようやく、道なかばからの勾配を思うと泣けてくる。しかし、これも鍛錬だと自分に言い聞かせながら、必死に激坂を上る。

ばななさんより預かった無線機で、コールするが山間部では
電波も届かないようで応答がない。

数時間前に交信したときの状況から察すると、すでに馬越峠麓に到着しているはずだ。


緑の山に棚引く白線が、鮮やかに遠望される。

目を凝らしてその線を眺めると、選手らしい人影が小さく見える。

“まだまだあそこまで行くのだ。”と思わず言葉が出てしまった。
それから数分後見覚えのある曲がり角に達した。
もしかしたらその先は峠か?と、期待させるが裏切られてしまう。
こんなことが数回経験していると、これまでの記憶が曖昧になってしまう。

また、同じように見覚えのある角が見える。
“またあ?”と呟くと、山が切れていた。
そう…馬越峠が現われたのだ。
人の声が近づくと、まもなくエイドになる。
この峠は、午後になると風は強く吹きぬける道でもある。
これから峠を上る選手は、疲労と冷たい風が待ちうけている。
それを思うと、やっと辿りついたぞ!!と、大声を出したかったが遠慮してしまう。

馬越峠:撮影は、ヒロ児玉画伯



そう云えば、

標高1620mの馬越峠で、”ヒイヒイ…!”と言っている場合じゃありませんよ!!

75歳でエベレスト登頂に成功した老人が、この日本に存在します!!

その老人こそ、プロスキーヤの三浦雄一朗さん。
三浦雄一郎:75歳





“涙が出るほど厳しくて、つらくて、うれしい”…登頂した時の、彼の言葉である。




そこに至るまでの膨大な時間…“厳しくて、つらくて”を、
“うれしい”が全体を
太陽のように包み込んでいる。

この一瞬こそが、冒険家に与えられる至福の喜びに違いない。

馬越峠とエベレストを比較する自体が滑稽ではあるが、同じような気持ちで必死に上ったものしかわからに世界は共通するのではないでしょうか?
今与えられた時間の中で、僕立ちは必死に取り組んでいれば同じ喜びを得ると硬く信じている。
ギリシャで行われるスパルタスロンも確かに過酷であるが、世界には我々が全く知らない
過酷なスポーツがある。

サハラマラソンもそのひとつ。
次ぎの過酷さを求めて、サハラ砂漠に2008年3月下旬に立つことになる。

サハラマラソンを完走した間寛平さんの言葉がある。
“今しかないんや〜!!”
老いと競うような僅かな言葉に感銘する。

限られた時間を有効に生きる。
寛平さんの大きな夢…世界横断。

71歳でサハラマラソン完走を目指した飯田さん。
“細細としたことは、Nothing!”

多分同じ熱い気持ちが、彼女を突き動かしているはずです。

そして、
私も同じウルトラランナーとして、誰もが知らない達成感を得てみたいものだ。

いつも左右に5キロの鉛を入れた靴をはき、重いリュックを背負って街を歩いた。


続きを読む
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
24時間走
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524165705
小雨降ってしました。新松田駅を通過して、残された時間内で先を目指します。
多分180キロは走ってます。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
足柄峠
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524135714
足柄峠を下る。足柄古道より新道を臨む。
現在の時刻は13時55分。
走行距離は、150キロを超えているはずだ。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
万葉うどん亭
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524135423
お腹も満たされたし、さあスタート
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
24時間走
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524135406
お腹が空いたので、足柄峠を越えてた地蔵堂そばにある万葉うどんを喰らう。

720円なり。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新羅三郎義光吹之石
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524123912
八幡太郎義家の三男 新羅三郎義光が奥州氏が謀反を起こし、鎮圧するために八幡太郎義家に援軍の途中に、この足柄峠を越えた。
足柄峠で露営した折りに、豊原時秋の笛の奥義を伝えた。

なかなか、歴史を感じる足柄峠なり。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
足柄24時間走
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524122409
足柄峠をのぞむ。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
24時間走
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524122110
足柄峠の様子です。さあ、ぼちぼち下山です。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
24時間走
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524121802
足柄峠を2往復しました。
足がパンパンですが、気分は最高です。
足柄峠にて、暫し休暇中。先程小雨模様 。

現在の時刻は、12時15分。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
24時間走?
2008 / 05 / 24 ( Sat )
20080524100901
足柄峠を越えて御殿場市に向かってます。

富士演習場での砲音がこだまする。
現在時刻は10時07分。
野辺山100キロウルトラマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ