First step December 23rd 2009
2009 / 12 / 12 ( Sat )
First step December 23rd 2009….. and above all, we remind you that contrary to 2008 and like 2009 : registration is possible !


ヨーロッパを代表する名峰、モンブラン。
その周りを一周するワンダーなレースがあった。
距離はマラソンの4回分。
登る高さの合計は富士山の2倍半。
不眠不休で意識は朦朧(もうろう)・・・。

選手たちの壮絶な戦いにスタジオも釘付け。
フランス、イタリア、スイスの3カ国を駆け抜ける旅が、今、始まる。


新しいスタートです!!Ultra-Trail du Mont-Blanc(以下、UTBMとする。)のエントリー登録が、2009年12月23日(現地時間)より

大会サイト(http://www.ultratrailmb.com/accueil.php)でオープンになります!!

Don’t forget that it is simple to register !


A new start!!

Each year, and this year will be the eighth, we are filled with enthusiasm at the idea of organising a new series of races around Mont-Blanc.

Each year, we turn the counters back to zero, assume no previous knowledge, and refer constantly to the fundamental values of the Ultra-Trail® : solidarity, autonomy, respect... plus many others.

With this first newsletter, written in collaboration with Ultrafondus Magazine, we begin a series which month after month will lead you to Chamonix, or Courmayeur, on top form, with a smile on your lips, ready for a huge alpine hike.

First step December 23rd 2009….. and above all, we remind you that con
trary to 2008 and like 2009 : registration is possible !


This newsletter introduces the eighth The North Face® Ultra-Trail du Mont-Blanc® with its four events : UTMB®, CCC®, TDS, and PTL. We also explain the methods of registration.



Registrations All begin on December 23rd


Note this date carefully : December 23rd 2009. As from this date, you have until January 13th 2010 to pre-register for the UTMB®, the CCC® or the TDS, and until January 8th 2010 for the PTL. All the details are below.

Don’t forget that it is simple to register !

-It is not necessary to be a “whizz kid of computer science and connections ",
- It is not a hellish sprint
- It is sufficient that you have your points and want to take part

1. To register for the UTMB®, the CCC® or for the TDS

The period of pre-registration will be open between December 23rd 2009 and January 13th 2010 on the www.ultratrailmb.com web-site.

Once you are connected, the validation of your pre-registration will be validated after your payment of the 50-euro deposit.

If the number of registered competitors exceeds the possible maximum number of racers, a draw will take place, and if you are one of the successful candidates, it will have to confirm your registration between January 22nd and January 31st, 2010.

If you are not successful in the draw, then you will have priority and be "exempt" from the draw for the 2011 event.


2. Group registration

It is equally possible to pre-register in a group, maximum of 12 people (the same group may be made up of runners registering for the UTMB®, the CCC® or the TDS). There is no team competition, but this allows you to be sure that the result of the draw is the same for all members of your team.


3. Qualifying races

The list of qualifying races is available on the Ultra-Trail du Mont-Blanc® web-site. For each event it is necessary to have accumulated a certain number of points, from races run during 2007, 2008 or 2009. To be able to take part in the UTMB®, you must have 4 points obtained in a maximum of two races. For the TDS you need 2 points and 1 for the CCC®.

4. Particular case : Petite Trotte à Léon

Each team is formed of 2 or 3 runners of whom at least 1 must be a former finisher of the UTMB®.

The pre-registration works on the same principle as the other events but runs between December 23rd and January 8th, in this way those who are unlucky in the draw have the chance to register for one of the other three events.




◆Incriptions 2010◆


http://www.ultratrailmb.com/page.php?page=Inscriptions2010

続きを読む
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
Ultra Trail Mont-Blanc 2006-11-23 TV8
2009 / 08 / 19 ( Wed )
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
Road toThe North Face Ultra Trail du Tour du Mont-Blanc 2009
2009 / 08 / 12 ( Wed )
Road toThe North Face Ultra Trail du Tour du Mont-Blanc 2009



Sie benötigen ein Flash Plugin um dieses Video anschauen zu können!




憧れが・・・現実に。
そうです・・ツール・ド・モンブラン2009が二週間を切りました!!
夢で見たツール・ド・モンブランのトレイルを、この自分の足で・・汗で・・・登り下る。
初めて訪れるシャモニーの街を、どんな気持ちで眺めているのでしょうか?
生きる証を、またこの地に記憶する瞬間を感謝する。
僕たちの生きるとは、果たしてなんだろうか?見たことの無い情景の中で素直に感動するアルプス山脈の中のひとりの人間として、心底信じられる物達が必ず出会うはずだ。
ツール・ド・モンブラン2009に向けての抱負は、36時間内で完走すること。
夢の続きを、また今夜に訪れるだろう。
生きる喜び・・・人々の触れ合い・・・・いろいろな感動を吸収しなければならない。

今からワクワクドキドキ・・。





Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ツール・ド・モンブラン2009
2009 / 08 / 10 ( Mon )
ウルトラ・トレイル・ツール・ド・モンブラン2009

完走目標タイムは、36時間以内!!


スタートまで、約2週間を切ることになりました。

ここで焦ってはいけません。

冷静に!冷静に!!


そう・・・完走目標タイムは36時間を切ること!

参考までに、各チェックポイントの通過時間を記す。







次回は、装備に関して言及します!

乞うご期待ください。
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ツールドモンブラン情報2
2009 / 08 / 07 ( Fri )

Sie benötigen ein Flash Plugin um dieses Video anschauen zu können!


2009ウルトラトレイル ツールドモンブランは、8月28日午後6時30分シャモニーをスタートする!!





制限時間は、46時間。

完走に向けて、各チェックポイントのラップを考察する。

完走目標タイムを、36時間以内とします。

Finishを46時間をベースに組み立て、ラップを作ってみました。



Sie benötigen ein Flash Plugin um dieses Video anschauen zu können!


続きを読む
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ツールドモンブラン2009情報
2009 / 08 / 06 ( Thu )



今年のツールドモンブラン大会は、競技において公平性を強く尊重される。

これは優勝した昨年20歳の青年が、チームからサポートを受けたらしい。

ゴールでもリックを担いであないので、少し不思議に感じていた。

また、環境に優しいレースを目指して紙コップが廃止されます。

詳細は、以下の通り。




MAIN CHANGES TO THE REGULATIONS


主な規約の変更に関して。

For the 2009 edition, some changes have been made in order to meet the real needs of the competitors and to keep the true values of the Ultra-Trail®: respect, solidarity, autonomy, equity.

2009年大会に関して、競技者の真のニーズを合致すべく、またウルトラトレイルの真の価値(すなわち、尊重や連帯、自尊、)を保持すべく幾つかの変更事項がなされた。


1. One rucksack for the duration of the entire race

Each competitor must carry a rucksack containing the obligatory material. Each rucksack will be checked and tagged during the distribution of race numbers. The full pack must have a minimum weight of 2 kg, including at least 1 litre of water, at the exit of each of the refreshment points where there will be controls. Throughout the race the weight of the pack (ie between refreshment points) must never be less than 1 kg.

全体のレースの期間中は、 1つのリュックサック
各競技者は定められた備品を収納するひとつのリュックサックを携行しなければならない。

おのおのリュックサックは、選手受付時のゼッケン番号を配付時にチェックされてそしてタグが付けれます。

リュックサックは、中身を満杯にした状態で最低でも2?を重さがなければなりません。つまり、おのおのの着替えポイント出口においてチェックされることになります。

また、レース全体を通してパックの重さは(着替えポイント間)1?未満にならないことが必須です。

2. Under the watch of the volunteers
As in previous editions the volunteers are there to help you, but also to make sure that every competitor respects the rules. The GCV (‘kind flying stewards’) have precise orders to follow, notably the immediate application of time penalties if the rules are not respected.

ボランティアの監視下で
前述の通り、ボランティアは選手の支援することであるが、しかしまた全ての競技者にルールを尊重すること求めることも重要です。
GCV(いわゆる空飛ぶスチュワード)如く的確な指示に従わなければならない。
万一ルールに従わなければ明らかにタイムの罰金を適用することになる。



3. Compulsory equipment for every competitor
Each competitor must carry their obligatory equipment themselves at all times. It is both a question of safety and fairness to the other competitors.

すべての競技者に対すを義務的な装備
それぞれの競技者は常に自分自身で定められた装備を携行しなければならない。
他の競技者に対する安全性と公平性の両方の問題である。

4. All competitors must carry their own drinking
For 2009 a drinking cup (goblet/beaker) is now part of the obligatory equipment. This will avoid the enormous waste when disposable plastic cups are used at refreshment points. Each competitor must provide their own cup with a minimum capacity of 15 cl (ie 150 ml). To avoid misunderstanding; this must be a cup/beaker - water bottles do not count and will not be permitted.

すべての競技者は、自分自身で飲み物を携行しなればならない。

2009年大会に関して、飲料カップ(杯/ビーカー)は、現在は義務付けられて機器の一部です。これは、使い捨てのプラスチック製コップがエイドで使用される場合の膨大な廃棄物を避けることができます。
各競技者は、15 cl (すなわち150ミリリットル)の最小容量を持つ自分自身のカップを準備しなければならない。

誤解を避けるために、これはカップ/ビーカーでならなければならない。つまり、ウオートボトルは考慮されずまた認められない。
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
The North Face Ultra Trail du Mont-Blanc 2009
2009 / 07 / 25 ( Sat )

2009

The North Face Ultra Trail du Mont-Blanc

(ツールドモンブラン)への旅程が決定しました!!





2008ツールドモンブランのレースの様子が映されています。

日本のトレイルランナー:鏑木毅選手やスパルタスロン三連覇のスコット選手、


そしてご高齢のモムロー選手の姿が映されています。


↓必見ですよ!!



http://4-seasons.tv/film/the-north-face-ultra-trail-du-mont-blanc-2008



http://4-seasons.tv/de/film/ultra-trail-du-mont-blanc-teil-2



http://4-seasons.tv/de/film/ultra-trail-du-mont-blanc-teil-3


続きを読む
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ツールドモンブラン懇親会&ナミビヤ砂漠レース報告会
2009 / 07 / 01 ( Wed )
ツールドモンブラン懇親会&ナミビヤ砂漠レース報告会




昨夜、新宿の某中華店にて懇親会&報告会が行われました。

まず、砂漠を愛するアスリートとウルトラランナとの大きな違いに、まず気がつ
きました、

砂漠ランナ ーは、平均して体型がふっくらとして、一般的市民にしか見えません


一方、ウルトラランナやトレイルランナは線が細く感じます。


砂漠の魅力をその砂漠ランナーに質問したところ、

砂漠には何も無いところが魅力だと言います。

つまり、東京などの大都市には物や欲などがたくさんありすぎる。

本当に大切な物が見えないのだ。車や宝石などの物欲から嫉妬やイジメなどの精
神的欲望が蔓延している今の都市生活を見直す機会を、砂漠か迎えてくれる。

何にも無いから、本当に必要な事が分かるのだ。

それは、砂漠の中で迎える孤独感と人恋しさが表裏一体にあり、人と人の結び付
きを強くする。

それは、日本人同士だけでなく国際交流の場として懇親を深めることができるの
である。

凍える夜を必死に耐えて、砂漠から昇る太陽はどんなふうに見えるのだろうか。

灼熱地獄の昼から氷点下近くまで低下する気温の砂漠に落ちる太陽は、どのよう
に映るのであろうか。

砂漠のたなびく砂塵を走る風は、どんな痛さで人を苦しめるのだろうか?


本当に大切なものは、実は少ないことに気づく。

砂漠の魅力は、その気付きあるのかもしれない。

痛い!辛い!苦しい!眠い!といった五感を享受して、人生きることの意味を砂
漠は理解させてくれるのかもしれない。


砂漠ランナー達との会話で、いろいろ想いを気付かされた。



ツールドモンブラン懇親会は、砂漠とは別にレースの話題をして中心に終わった

ツールドモンブランを走る選手やトレイルランニングに興味あるアスリート達の
想いを感じる。

内なる砂漠と、外なるツールドモンブラン。

いろいろと考えさせられた夜でした。
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
2009ツール・ド・モンブランに、30人以上の日本人選手がエントリー
2009 / 02 / 09 ( Mon )
小さな国・日本で、例えば日本山岳耐久レースでどんなに素晴らしいタイムで完走しても、それは井の中の蛙しかない。
世界には、まだまだ想像を絶するレースが存在するのだ。

100マイルのレースが当たり前の、トレイルレース。
日本の比ではないようだ。


さて、ここで面白い記事をご紹介します。





2009ツール・ド・モンブランに、

30人以上の日本人選手がエントリー


 昨2008年、鏑木毅選手が4位に入賞したこともあって、日本でも一躍注目を集めているツール・ド・モンブラン。全長166km、累積標高差9400mという、日本山岳耐久レース(長谷川恒男カップ=通称ハセツネ)を2周するより長い過酷なトレイルレースだ。

 今年は4種目あるレースのうち3種目に日本人選手がエントリーしており、その人数はなんと30人を上回っている。

 全種目のなかで最も注目を集めるレースである、"The North Face Ultra Trail du Tour du Mont-Blanc 2009"(略称UTMB)

<距離=166 km 標高差=9,400m 制限時間46時間 スタート時間=8月28日(金)18:30 スタート・ゴール=シャモニ(フランス)>

計20人の選手がエントリーしている。


 また、UTMBのコース後半をトレースする、"The North Face Ultra Trail Courmayeur-Champex-Chamonix 2009"(略称CCC)


<距離=98km 標高差=5,600m 制限時間26時間 スタート時間=8月28日(金)9:00 スタート=クールマイヨール(イタリア) ゴール=シャモニ(フランス)>

には10人がエントリーしている。

 UTMBに出場する日本人選手の顔ぶれを見ると、昨年のハセツネを驚異的新記録で制した山本健一、2位の鏑木毅、3位の横山峰弘に加え、プロトレイルランナーの石川弘樹も出場する。こうなってくると、これはハセツネと並ぶ、"長距離系トレイルレース日本選手権"か、と言いいたくなる。

 ただし、166kmというとてつもない距離のウルトラトレイルレースは国内には存在しない(トランス・ジャパン・アルプスレース<TJAR>は除く)ため、多くの選手にとってはこれだけのスケールのレースは初体験となる。

 ウルトラトレイルのノウハウをを最も蓄積している選手といえば、やはり石川だろう。石川は100マイル(約160km)の超長距離トレイルレースの出場経験が、他の選手より抜きんでて多い。

石川は昨年も同レースにエントリーしていたが、体調不良により出


 続いて経験豊富なのは鏑木だ。同レース初出場の07年は12位だったが、満身創痍のゴールで、車椅子に乗って帰国するほどのダメージを負った。

しかし昨年は4位入賞と大幅に順位を上げている。

今後はロングレースを活動の中心にする意向を示している鏑木だけに、このレースには「1年の集大成」という気持ちで臨むことだろう。

狙うは当然3位以内、あるいはもっと上の順位か。

 そして、07年の同レースで手痛いしっぺ返しを食らった、横山と間瀬の二人だ。


 横山は07年の同レースで故障し、その後約1年間、故障が癒えずにまともなレースができなかった苦い記憶がある。

しかし、昨年のハセツネで自己記録を大幅に塗り替えて3位に入り、完全復活までもう少しとなった横山は、モンブランでの完全復調を期してレースに臨むことだろう。


 間瀬も、07年の同レースで途中フラフラになり、一時はオフィシャルからリタイヤを迫られながら、なんとか完走だけは果たした。

今年は満足いくレースをして、きっちりと結果を出したいところだろう。
 
 また鈴木博子も、「得意な距離は50マイル、100km。100マイルは長すぎます」と言いながら、やはりロングトレイルの経験値は日本選手のなかでは抜きん出ている。

 このように、日本のトレイルランナーが続々と海外のビッグレースをめざすようになっている。

また、ここまで紹介した強豪トレイルランナーだけでなく、一般のトレイルランナーも多数エントリーしているようだ。みなさんにはぜひ、納得いく結果を持ち帰ってもらいたいものだ。

(アドベンチャースポーツマガジンより)
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ツール・ド・モンブラン2009/日本人選手
2009 / 02 / 07 ( Sat )
2009年ツール・ド・モンブランに日本人選手が新たに追加されたようです。

2月7日現在エントリー名簿を調べてみました。

結果は、以下の通りです。




★The North Face Ultra Trail du

Tour du Mont-Blanc :

20名


★The North Face Ultra Trail

Courmayeur-Champex-Chamonix :
10名


★Sur les Traces des Ducs de Savoie :
1名

合計31名








特に、日本人とし注目されるトレイルランナーを確認します。

まずは、

男子選手では、


鏑木毅さん(2008年大会総合4位)

石川弘樹さん(トレイルランナーの伝道師)




そして、女子選手では


間瀬ちかやさん(国内最強女性トレイルランナー)





日本代表として実力あるトレイルランナーですから、”優勝”の二文字が大いに期待されます。

僕も“Finisher”の称号を得るべく、トレーニングに励まなければなりません。
不安と期待が満ちた気持ちを大切に、その瞬間瞬間を楽しく日々を過ごした。

エントリーしている日本人選手全員が、シャモニーのスタートラインに立つことを心から念願して止まない。


そして、僕を含め果たして如何なるドラマが展開されるのだろうか?

諦めなければ夢は叶う!!・・・・本当だろうか?

続きを読む
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ