WS100への道:第二章
2010 / 07 / 04 ( Sun )


デルタ航空

6月25日午後4時過ぎに成田空港を離陸したデルタ航空は、滑走路を滑るように雲の中に消えていく。

2日遅れの旅立ち。

米国系航空会社はあまり評判がよくない。

機内のお酒は有料だと噂に聞いていたので、特にビール好きな僕は、

機内でビールを買えば5ドル程度はするらしいので、事前に空港出国エリアにあるショップでビールとおつまみを購入して手荷物に隠して持ち込むことにした。


デルタ航空機内の印象は、味も素っ気もない。
例えば、座席は黒っぽい茶色した人工牛皮で頭に置くシートもない。
衛生的に問題があるのではないだろうか?

また、座席前には今は標準装備だと思う個別モニターがない。
映画やゲームなど機内で時間を過ごすには絶対に必要だと思う。
その代わるに、小さなスクリーンが機内に吊るされてはいるが、画質が悪くて
鑑賞するにはストレスを感じる。もちろん、映画をお客が選択できる訳もなく
好きでもない映画を眺めるしかない。


イアーフォンも壊れていて、ジャックを差し込み口が壊れていた。
仕方なく片方のイアーフォンだけで音を聞くしかない。

それからキャビンアテンダントに言及しますと、あまりにも年齢が高い。
おそらく50歳代と思われる女性アテンダントが占めている。


また、その表情たるや笑顔でサービスするといった精神のかけらもなくて、
何かに怒っているかのように険しい表情で、僕に声をかけてくる。

恐る恐るビールを頼めば、愛想笑いもなくてめんどくさいように“日本のビールですか?”と語気を強めて詰問する。
ちなみに、噂とは違ってワインとビールは無料でした。
これだけは、Good!


SFO上陸


日付変更線を越えてた!!

6月25日午前9時過ぎに僕を乗せたデルタ航空は、サンフランシスコ国際空港に着陸しました。

霧のサンフランシスコ・・・朝は霧がかかりやすいと誰からか聞いたか思い出そうとしていた。

初サンフランシスコ上陸を果たして、少し緊張して入国審査の列に並んでいた。

空港到着ロビーのゲートを抜けると、前村さんが手を挙げて自分の存在を示していた。二年ぶりの再会で、懐かしい笑顔が迎えてくれた。

レース前日の朝で、時差ぼけをかかえ抱えたまま、空港駐車場に停車しているレンタカーでスタート会場Squaw Valley目指した。

しかし、選手登録の13:00には間に合わず、スタート前の3:00AMに来てくださいとのことで大会Briefingのみに参加した。

Western State 100は、Montrail Cupのシリーズチャンピオンシップ大会でもあります。

各地のレースの優勝者やTop Runnerが紹介され、全米King & Queen of Trailを決定する大会でもあるのです。

全米のみならず世界24カ国からTrail Runnerが、ここSquaw Valleyに集結したことになります。
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
WS100への道/第一章
2010 / 07 / 03 ( Sat )


出発

6月23日午後2時過ぎに成田国際空港に第一ターミナール出発ロビーに立っていた。
往来の激しいロビーにある椅子に座り、三々五々時間を過ごしていた。
突然に、携帯電話にベルが鳴った。嫌な予感に心が残る。

それは長い時間過ごした闘病中の母の容態が安定しない日々が続いていたからだ。
すでに年齢も80歳に迫り、肉体もまた精神も老化現象に顕著になり日々は介護の闘いである。
幸いにも実姉を始めとすり6人兄弟姉妹が、実母の具合を気にしており手助けを献身的に行っている。
若いころ実父と別れからは苦労を重ねた人です。
そんな実母のことを想う子供達にっとは、面倒を見るのは当然なのです。

恐る恐る携帯電話を耳にあてると、実姉の声だった。その声は震えいるように僕には聞こえた。
話を聞けば、実母の危篤を知らせるものであった。

僕は、覚悟を決めて再び自宅に戻らなくなってしまった。
今年のWS100は、儚い夢となるのだろうと確信した。

入院先の病院に駆けつけた。荒い息を殺すように必死に、実母に言葉をかける。
周りには、急な知らせを知った兄弟姉妹が全員集合していた。

それぞれの深い想い思い出すかのように、心では泣いていた。

それから病院で夜を迎えることになった僕は、固いベッドの上で、窓から眺めた満月の明かりに物思いに耽っていた。
いろいろな苦しいことも辛いことも、今は楽しい事しか思い出せない。

母の寝息を気にしながら、浅い眠りに落ちていく。

翌朝強い日差しを浴びた顔に、遮るように手を目に覆うように気づきながら目が覚めた。そこには、担当医師が椅子に腰掛けていた。
お話の中心は実母の容態のことに集中をざれるを得ない。
どんな会話を交わしたか、今では記憶が定かでない。僕は無機質な言葉に関心がなかったからだ。

医師よれば、どうやら実母の危篤状態も峠を過ぎたようで経過観察に移行するとのこと。
闘病生活は、これからもまだまだ続くことを理解した。そして、また再び同じような事象を覚悟しなければならない運命にあることを知った。


そんな状況では、WS100どころではないかもしれない。
ひとり身勝手な行動をとれば、“人”としての道を外れるような気がしてならないからのだ。

兄弟姉妹たちは、僕がWS100にエントリーしていること知っている。
そして、実母も知っていた。

意識の無い実母を見ながら、僕はひとりひとりに身勝手な行動にどうおもうか話をすることにした。

母はいつも言っていた“人生は一度だから、あなたの人生を楽しみなさい!
自分が決めたことをまっとうしなさい!“と。

そんな言葉が、会話の中に生まれてそして理解を得られたような気がした。

そして僕はその夢を叶う為に、行動することにした。

航空券


再び航空券を手配しなければならない。
いま手元にある航空券は昨日出発のもの・・・・すでに無効となっていた。

前日出発可能な旅行代理店に電話を急いだ。
そして、そのチケットは少し割高だったが、即代金を入金することにした。航空会社は、デルタ航空であった。

捨てたお金は無駄にはしない!!・・と、自分を納得させるしかなかった。
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
the Western States Endurance Run Webcast
2010 / 06 / 19 ( Sat )


"Where's my runner" -- cool stuff!
Please invite your friends and family to watch your progress online the day of the Run. Your arrival at each major checkpoint will be logged into our Runner Tracking Database and displayed via the WS Webcast website (sample screen below). A link to the Webcast site will be shown on the WS100.com Homepage starting in 18 June.




現地時間2010年6月26日午前5時にウエスタンステイトがSquaw Valleyスコーバレーをスタートします。


そして、翌日午前11時までにAuburnのfinish lineに辿りつかなければなりません。

レース中はWS Webcast Webでライブで各チェックポイント通過時間が更新されて、ランナーの状況を把握することができます。

現地日付で6月18日に、WS100.com ホームページ上にあるhomeにカーソルを合わせて、プルダウンしたWebcast をクリックすれば表示されます。

http://ws100.com/home.html

アロハの
Bib-No461

ですので、ぜひ日本から応援をお願いします。







A Race for the Soul Western States 100 Ultramarathon Ultrarunning Endurance













Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
Western States 100Mile Endurance Run情報
2010 / 06 / 10 ( Thu )
Western States 100Mile Endurance Run情報







今月月26日(土)〜27日に開催されるWestern States 100Mile Endurance Run
(http://www.ws100.com/) の大会パンフレットが、本日届いた。

アロハのBID-NOは”461”。

昨年総合順位2位の鏑木毅選手は
は”M2”となっている。

トップアスリトーは、BID-NO.
は別枠になるようだ。

来た!来た! WS100が迫った!!


★本日の鍛錬★

赤坂から成城学園前駅まで15キロ。

玉川学園前駅から自宅まで2キロ。


★第10回練習会(富士箱根トレイルランニング)★


今月26日(土)〜27日に開催されるWestern States 100Mile Endurance Run
([[[http://www.ws100.com/]]]) に向けて、最後のトレイルランを主とする練習会を,下記の通り企画します。
舞台は、新たに整備された“富士箱根トレイル”。


富士箱根トレイルとは、静岡県と山梨県、神奈川県の県境に位置し、富士山須走五合目から西丹沢と呼ばれる三国山稜・湯船山・不老山を経て足柄山系の金時山までを縦走する総延長約43kmのトレイルです。

練習会名:富士箱根トレイルランニング
期間:2010年6月13日(日)
集合場所:JR駿河小山駅北口改札
スタート:午前7時
コース:
★第一ステージ(43..1キロ)
JR駿河小山駅〜不老山(928m)〜湯船山(1041m)〜三国山(1328m)〜大洞山(1383m)〜立山(1330m)〜富士山須走五合目(2000m)折り返し〜富士浅間神社〜紅豊台16:17→(小山町営バス)→16:54

小山町福祉健康会館ふじみセンターゆったり湯入浴(入浴料300円)
http://www.wbs.ne.jp/bt/kankooyama/kenkoceter.htm

Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
WESTER STATES ENDURANCE RUN 2010情報
2010 / 05 / 28 ( Fri )
WESTER STATES ENDURANCE RUN 2010情報




今年のWS100は、お見逃なく!
世界から蒼蒼たるtrailrunnerが、一同に勢ぞろい。

第一人者と言えば、Kilian Jornet(スペイン)選手に間違いありません。
その彼が、WS100に出場します。

一方、日本の第一人者である鏑木毅選手にとって、2010年大会においては、
名立たる世界の強敵選手を前にしてレースがどのように展開されるのでしょか楽しみが増えました。

彼は、昨年ではこの大会で総合2位の快挙ではありましたが、果たして今年は上位に入賞することは困難が予想されます。

Scott Jurek(米国)とKarl Meltzer(米国)の2選手が加れば、世界の有名なtrailrunnerが、米国加州スコーバーレイに集結することとなり、Ultra Trail del Mont Blanc2010 (ウルトラトレイルツールドモンブラン)を前にしてその前哨戦になる!!

間じかに世界の走りを、この目に焼き付けたい!

主な出場選手



★Kilian Jornet(スペイン)
Ultra Trail del Mont Blanc2008年及び2009年2連覇

★Hal Koerner(米国)
2008年及び2009年総合優勝(現在2連覇中)
Miwok2009 総合2位

★鏑木 毅(日本)
2009年総合2位

★Jez Bragg(イギリス)
2009年総合3位

★Geoff Roes(米国)
2009HURT100総合優勝
2009Wasatch100総合優勝
2009Bear100総合優勝
2009年度Ultrarunner of the year獲得!


Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
朗報!!鏑木毅選手出場する!!
2010 / 01 / 30 ( Sat )
朗報です!!

2010Western States Endurance Runに

日本のトレイルランナーのエース・・・”鏑木毅選手”が出場することになりました!!



昨年、総合第二位に輝く偉業を達成した鏑木選手!

同じ場所でレースを楽しむことができます。

ありがたいことです。


2010年登録選手の一覧表は、下記のサイトで↓

WS100 2010 Entrant List
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
日本山岳耐久レースとWS100を検証する!!
2009 / 12 / 23 ( Wed )
日本山岳耐久レースとWS100を検証する!!




自然の中を走るトレイルランニング・・・確かに楽しい。
2010年ウエウタンステイトエンデュランラン(以下WSERとする。)に選考されて、憧れ続けたレースに挑戦する機会を得た。

そして、本場トレイルレースの検証してみると日本のトレイルレースに色々と疑問と反省を禁じえない。

自然を大切にすること・・人間と自然の共生できるレースに対する考え方、あまりにもギャップを感じる。

それは、長い歴史を刻んだ米国トレイルレースの本場で積まれた経験の差にあるのかもしれない。

つまり、日本山岳耐久レースに言及すればあまりにも自然保護に無頓着な大会は、他の国に例がない。

参加者2000名を超えるランナーが、奥多摩の山道を走ることは自然破壊と言っても過言ではない。

商業的なレースに変貌しつつあると思われても仕方ない。

日本のトレイルランナー伝道師である石川弘樹さんは、こんなことを言ったようです。

日本山岳耐久レースはもう参加しません!!
大会の運営方針に賛同できないから」と言ったそうです。


パタゴニアスポンサーから降りたらしく、会社のポリシーからすれば、自然への影響について配慮がなさすぎるということが、その理由だったらしいのです。

11月中旬にNHKの番組「ワンダーワンダー」で鏑木毅さんを取り上げた特集が放送されました。

そして、ウルトラトレイルツールドモンブラン(以下UTBMと称する)に大きな注目が注がれています。

今年2009年にエントリーした私にも色々なメールが届きます。

それは、UTBMをその番組を観て、その素晴らしさを共有できたトレイルランナーの人々たちでした。

自然を大切にするイベントこそ、日本におけるトレイルレースに求められています。

石川さんや鏑木さんの活躍を期待しながらも世間にはトレイルランニングを快く思っていない人たちもいるわけであまりにも商業主義的な大会は、排除すべきではないでしょうか?

また、米国でも歴史と格式を備えたWS100さえ、自然保護の観点から参加選手枠は400名強です。

日本山岳耐久レースにおいても単純に比較しても、参加選手2000名はあまりにも多すぎると思いませんか?

そして、私事ですが、大会運営に賛同できない以上二度と日本山岳耐久レースに参加しません!
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
A Race for the Soul Western States 100 Ultramarathon Ultrarunning Endurance
2009 / 12 / 11 ( Fri )
僕の愛する言葉「on the edge」





危なっかしくどちらにも倒れこんでしまいそうな緊張の狭い線の上で、追い詰められた自分の先にある情景に映るものは果たしたどんなことでしょうか?
緊張を内在するこの言葉の裏にあるものは、何でしょうか?

この言葉に含まれた真の意味は、自分だけの為だけではなく、全てのランナーやスタッフ・ボランチアにひたむきに情熱を捧げることが脈々と鼓動を刻んでいることを知らなければなりません。




同じ夢に賛同するペーサーに関して、お話をします。

フォレストヒルからは、ペーサーという伴走者をつけることが許される。
ほとんどのランナーは、この町から遠く離れ森の中のトレイルを走らなければならない。


もちろん、いろいろなトラブルを防ぐためにペーサーが必要になるのだ。闇の中の森を縫うようにあるTrail を、ただひとりで走ることはほんとに心細いことだ。
ペーサーには、夜の山を走った経験あることなどTrailに熟達していることが求められる。


ペーサーとしての大きな責務は、非常の場合を除きどんな物質的肉体的な助力もしてはいけない。しかし、励ますことは許される。
続きを読む
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
Western States - Registration Invitation
2009 / 12 / 10 ( Thu )
Western States - Registration Invitation
Saturday June 26, 2010
100mile



海外では現金よりクレジットカードが信用される。

でも、僕は現金主義を今も貫き通している。

たとえば、WS100でも抽選に当選してもエントリー料金を支払うにもカードが必要となる。

事務局に現金で支払いたいと、メールすると”カード決済のみ”と冷たいお言葉。。


でも、僕はVISAもなければ他のカードもないのです。

どうすれば良いのですか?

WS100を諦めるしかないのだろうか?

残念だ!!泣

今回は、コスメル前村さんにエントリー料金を立て替えてもらいました!!




Congratulations, you are invited to participate in the 37th running of the Western States Endurance Run.

In order to participant, you MUST complete the following 3 requirements:


#1. Confirm or Decline offer, Register, and Pay
Deadline: December 1st, 2009
Where: Click Here


#2. Proof of Qualification
Deadline: December 31st, 2009
Where: Verify the qualifying results we show for you here: Applicant Results


Note: If your qualifer is not in our results, Submit a result request or Correct Mispellings or Consolidate multiple names


#3. Complete Service Requirement & Return Form
Deadline: May 15th, 2010
Where: Online at ultrasignup.com (Link will be Available after Jan 1st on ws100 website. )


Note: You may still do it old school and download the form Here
Other important Information:
• Be sure to visit the "Latest News" page on the WS website, especially in the final months leading up to the 2010 event.


• If you change your email address prior to the event, be sure to provide me with an update (RD@ws100.com) so that you do not miss out on any of the updates I will be sending out.


• Once you have registered, check out the Entrants list to confirm your entry. We will also have a status page located on the Western States 100 event page on Ultra Signup by December 31st.

You have my congratulations. I know the excitement you must feel as a participant in this world-class event and all of the lasting memories that you will build over the next seven months. Those experiences will stay with you for a lifetime and be a part of you forever. For me, it is an honor to be associated with this event, the runners, their crews and the hundreds of volunteers.

Until June 26, 2010,
Greg Soderlund, RD, and the Western States Board of Trustees
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
Pacer(ペーサー)が決定!!
2009 / 12 / 07 ( Mon )
Pacer(ペーサー)が決定!!




Pacer(ペーサー)とは、トレイルランニングの本場・北米のトレイル大会で導入されているルールです。

選手は、自分の代わりに荷物を持ったり、コース途中で食料を補給してくれるサポートランナーを用意して、一緒に走ってゴールを目指すことができます。
特に夜間のトレイルをひとりで走る場合には、そばにペーサーが居るか居ないかでは全く違う。

お互いの存在を意識しながら、精神的にも肉体的にもサポートしてくれる。ただし、選手を押したり、引っ張ったりすることはできません。

WS100で、私をサポートしてくれるPacer(ペーサー)は、

コスメル前村さん!!







米国デトロイトに駐在する彼は、喜んでサポートを申し出てくれました。
ありがたいことです!!息の合った信頼できるメンバーをペーサーとし、一緒に走れることはどんなに心強いことだろうか。




待ち続けた…その時が到来です!!


その時とは、2009年12月5日土曜日午前9時(USA現地時間)…The Western States Lottery(抽選会)である。

米国カルフォルニア州AuburnあるCafereriaにて開催され、約150名の出席者達は期待と不安の入り交じる中を、午前9時04分にRace Directorである“Greg Soderlum氏”が登場した。

いよいよ緊張のLottery(抽選)のStartだ!!

今回のLottery(抽選)は、出場選手総数465名の内275名が選出される。
残り190名は、以下の選考の対象者となる。

1. 過去数年間のレースにおいてTop 10に入って完走した者

2. 抽選会で二度落選した者

3. 特別選考 (special consideration)の対象なる者
例えば、モントレイル ウルトラカップ(Montrail Ultracup)・Aid station協力者など


The Western States Endurance Run(通称:Western States 100)とは、
毎年6月最終週末に開催され、California 州Sierra Nevadaを舞台に行われる100mile(161km)のultramarathonです。

レースは、スキーリゾートで有名なSquaw Vallyをスタートして、AuburnにあるThe Place High SchoolでFinishする。

選手は累積標高5500mを登り、累積標高7000mを下る。
レースは午前5時にスタートして、不眠不休で森や山岳を走り抜ける耐久レースである。

30時間以内に完走した選手にはブロンズベルトバックルが、また20時間以内に完走した選手には銀ベルトバックルが授与される。

日本でも人気があるトレイルシューズで有名な“モントレイル(montrail)”が、Western States 100のスポンサーを努めている。

また、Western States 100は米国において“ウルトラマラソンのグランドスラム(the Grand Slam of Ultrarunning)”と呼ばれる4大会の中に含まれている。


1. The Vermont 100 mile Endurance Run
2. The Wasatch Front 100 mile Endurance Run in Utah
3. The Leadville Trail 100 in Colorado
4. The Western States Endurance Run


さらに、最も過酷なレースで有名な“The Hardrock100”の出場資格条件にもなっている。

2010年から2011年までには、上記の4大会を完走することを目指し、最終目標をThe Hardrock100を注視している。
続きを読む
Western States Endurance Run 2010 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ