四国遍路の旅
2010 / 04 / 11 ( Sun )
005年から四国遍路の旅を少しずつ書き込むことにしましす。


どんな遍路の旅になるでしょうか?記憶を辿りながらの思い出遍路旅の始まりです。

2005年3月某日。うららかな春の朝,JR高徳線板東駅から「発心の道場」と呼ばれる阿波遍路の旅が始まります。

白衣に菅笠姿で一人佇むと、少し恥ずかしい気分です。でも、私アロハは秩父巡礼34箇所巡りで使用した遍路装束です。

少しは使い込んでいる愛着のあるその装束を着用して、菅傘・白装束に身を固めれば,私もお遍路さんの一人になる。


春の日差しに木綿の白衣が快く,菅傘の下に被った日本手ぬぐいは優しく紫外線を遮ってくれる。17キロ歩いて今日の宿は名前も嬉しい温泉山安楽寺。夜本堂でお勤めが始まります。

でも、ご無沙汰していた遍路装束ですから、どうもしっくりこないようで笠や袖を気にしている。金剛杖の扱い方にも戸惑いを感じます。



遍路装束で旅がスタート
 

極楽寺


その昔,遍路の旅は死出の旅であり,遍路の姿は死装束を意味します。
金剛杖は上部に五輪が刻まれており,死者を葬ってこの杖を立てれば墓標になったという。また,この金剛杖は御大師様の分身と考えられていて,この杖と歩くことで「同行二人」(どうぎょうににん),つまり空海と旅を共にするわけだ。にわか遍路もまずは形から。旅するうちに,この装束もしっくりくるようになるのだろうか?
 午前9時35分,いよいよ阿波23カ寺の遍路旅がスタート。まずは1番札所・霊山寺に向かう。ほどなく山門が見えてきて「いよいよ始まったな」と実感する。


1番札所・霊山寺の境内でお接待を初体験する 

境内では,地元のグループがお接待(地元の人によるお遍路さんへのおもてなし)を施している。これが,この後,何度となく接するお接待の初体験だった。頂いたのはハッサクと1升はあろうかと思われるお米。せっかくだが旅の始めから2キロものお米を持ち運ぶわけにはいかず,本堂にお供えすることにした。
 ローソクと線香をあげ,お札を納め,手を合わせる。まだ慣れていないせいで,動作がぎこちない。本堂横に集合して,般若心経とご真言とを唱えた。緊張感が失せぬまま最初の勤行が終わった。

 初日はほとんど平地ばかりの17キロほどの行程で,この旅では最も多い6つの札所を回る。お参りに慣れるには都合が良いし,札所は身体にとってはよい休息の場になる。

 歩き遍路のルートの多くは舗装道路や歩道だが,断片的に残る遍路道と呼ばれる昔ながらの道では,風の薫りさえも違うようだ。

土の感触が足裏に心地よい。3番札所・金泉寺から四番札所・大日寺へと向かう遍路道は田舎のあぜ道で,空が広く,春の陽光で周囲が明るく感じる。


 この遍路道で,小さなお寺の門前に犬がいた。寺番をしているのでしょうか?のんびりした時間にある犬の気持ちを感じます。

犬はゴロンと寝転んでしまった。遍路道の「のんびり」感が出て、いいかもしれない(笑)。

 6番の安楽寺に着き,初日の行程を終えたのが夕方5時。今晩は宿坊(お寺の中の宿泊施設)に泊まる。

宿坊とはいえ通常の民宿と変わらない程度の設備はある。この安楽寺には温泉もあり,歩き疲れた身体に心地よい。しかし,朝や夜の勤行と住職の法話があるなど,やはり宿坊なりのしきたりが伴う。



 疲れたとはいえ,元気はまだ十二分に残っています。 まだまだ、死にません。心地よい疲労感の中で、静かな寝息を聞きながら、明日からの遍路旅に心踊る夜を迎えている。明日も、心安らかに一人で歩きます。


巡礼 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
カミーノ デ サンティアゴ(Camino de Santiago)
2010 / 01 / 17 ( Sun )
巡礼道・・・カミーノ デ サンティアゴ(Camino de Santiago)
のことをご存知でしょうか?




僕が、初めてスペイン巡礼を知ったのはNHK番組“地球に乾杯!”を観たことが始まりです。それ以来すっかり巡礼の魅力に取り憑かれしまった。


http://www.youtube.com/watch?v=BAdL4T8Yjfk

そして、巡礼道のことを深く知ったのは、パウロ・コエーリョというブラジルの作家が書いた「星の巡礼」という書物を読んで、さらに夢が膨らみました。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路(-のじゅんれいろ)とは、
キリスト教の聖地であるスペインガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。

おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。
きっかけサンティアゴ・デ・コンポステーラには、聖ヤコブ(スペイン語でサンティアゴ)の遺骸があるとされ、ローマ、エルサレムと並んでキリスト教の三大巡礼地に数えられている。

フランスでは、「トゥールの道」、「リモージュの道」、「ル・ピュイの道」、「トゥールーズの道」の主要な4つの道がスペインに向かいます。

スペイン語では、El Camino de Santiago(サンティアゴの道)または単にEl Camino(道)と呼ばれる。
フランス語ではle chemin de Saint Jacques(サン・ジャックの道)と呼ばれる。


私の宗教は、キリスト教(カトリック)。
キリシタンで有名な長崎が、僕の故郷です。
長崎県の沖合いに点在する“五島列島”があります。
その列島の中でも一番大きな島・・・福江島が、僕のルーツなのです。
しかし、成人してからも今も・・・その島を訪れたことがありません。

それは、最後の時を迎えるまでには一度訪れたい聖地なのかもしれません。
それは、心と語る巡礼の旅なのでしょう。
スペインの巡礼道・・・・どこまでも続く大平原(Horizon)。
歩き疲れたら木陰で休み、夜はどこかの小さな村の宿で体を休める。そして朝がくればまた歩く毎日の繰り返し。いつかは、私もそんな巡礼道を歩きたいと・・・長年の夢なのです!!


フランスとスペインの国境の町からピレネー山脈を越え、サンティアゴに向かう800kmの巡礼の道を、走り旅してみたいのです。
過酷な走行になるだろうことは簡単に想像がつきます。

スペイン巡礼とは、キリスト教の聖地サンティアゴ・コンポステーラを目指し、
気の遠くなるような長い道のりを徒歩や自転車で何日にもわたってたどる行程のことです。

巡礼道には、色々ありまが一番人気のあるコースを選択しようと考えています。
フランス国境の小さな村サンジャン・ピエ・ド・ポーから「カミーノフランセ(フランスルート)」と呼ばれる800kmの道を、一ヶ月かかけて、自分の足だけを信じ旅を続けることが、それが大きな夢。   
スペイン西北部に位置する街、サンティアゴ・デ・コンポステラはエルサレム、ローマと並ぶキリスト教三大聖地のひとつです。フランスルートの起点はパリですが、約2000?と余りにも長くなるため多くのひとはフランス・スペイン国境の街サンジャンピエドポールを起点にします。


 一度始めれば、徒歩だけでも約二ヶ月の長旅になることを考えると、仕事を辞めるのは覚悟しなければいけない。
でも一度きりの人生。そのほうがきっと人生はいい方向へ動き出す筈だと信じます。
しかし、現実は甘くない。
結局、初めて巡礼道を知ってから数年ほど経ちますが、遂に実行するまでにはまだまだ躊躇している自分がいます。
 
 
 2010年は、キリスト教徒にとって大切な年なのです。
聖ヤコブ大祭年に当たる年で、例年と違った宗教行事も数多く行われ、開かずの扉として知られる大聖堂のもう一つの入り口「聖なる門」も開かれるそうです。

この門が開かれるのは大祭年の年だけで、次に開かれるのは2021年になります。

果たしてそれまで生きているかどうか分かりません。
今を生きるこの瞬間を大切にして、夢のスタートに立ちたいと・・・。
巡礼 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
El Camino de Santiago/千年の道(カミーノ) 祈りの旅
2010 / 01 / 03 ( Sun )

El Camino de Santiago(サンティアゴの道)


謹賀新年

あけましておめでとうございます。


今年もよろしくお願いもうしあげます。



クリスマスが過ぎて、新たな年を迎えることができました。

旧年は健康を害して、入院闘病生活を初めて二度経験した。

そう・・・如何に健康が大切かを自覚したのです。

闘病生活では、日常が単純で毎日が白紙のページをめくるように、
何も書き足されていない。

心配と不安が、黒いインクのように白紙の上に水滴を落としたように滲んでいく。
凍み込んだそのインクが、白紙の上で膨張して拡大していくよに、いつもベッドの上では心暗くなっていた。

窓から外を眺めている自分を、想像してみた。
色彩豊かな情景がある筈なのに、心に映る色は黒くて灰色に沈んでいる。

こんな無機質な時間を過ごす時、僕は想う。
“人生を楽しんで感動しなければ・・・生きていく価値もないと。”

2010年は、積年の夢を実現したい。
約800kmのサンチャゴ巡礼の路を走り旅しようと思う。

その前に、熊野古道を走り旅やらないとね!

紀伊路から中辺路、大辺路などの巡礼道を、やはり巡礼路は自分の脚で旅するもののだと感じる。

そして、クリスチャンである僕は、聖地巡礼が夢のひとつです。

サンチャゴ巡礼の道を旅をしてみたいと言う気持ちが、どうしょうもなく沸いてくる。

聖地サンティアゴ、2010年は聖ヤコブ大祭年 〜Año Xacobeo〜


これを逃すと、次は11年後の2021年!





スペイン北西部サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指すサンティアゴ巡礼の道は、日本を代表する参詣道の熊野古道と姉妹提携を結び、世界遺産に登録されている巡礼路です。

近年、雑誌などでの露出も増え、人気急上昇中のスペインの観光ルートの一つでもあります。

聖ヤコブ(スペイン語名 サンティアゴ)が祭られるサンティアゴの町は、キリスト教の三大聖地の一つで、7月25日の聖ヤコブの日が日曜日に当たる年は、聖ヤコブ大祭年とされています(6年、5年、6年、11年の周期)。


大祭の年に、聖ヤコブの亡骸が葬られているサンティアゴの大聖堂を訪れ、ミサに参列し、聖体を拝受することで、犯したキリスト教の原罪を赦されると言い伝えられており、大祭に当たる年は年間を通して巡礼者が途切れることはありません。

また、数多くの宗教行事が行われ、サンティアゴの大聖堂で行われる有名なボタフメイロ(大香炉)の儀式も、この年ばかりは春から秋までほぼ毎日予定されています。







キリスト教12使徒の一人である聖ヤコブ(スペイン語名サンティアゴ)の墓が9世紀初頭、スペイン北西部サンティアゴ・デ・コンポステーラで発見され、それ以来、ローマ、エルサレムと並び、このサンティアゴがヨーロッパ三大巡礼地の一つとして崇められ、キリスト教信者の心の拠り所となっています。

中世には年間50万もの人が徒歩又は馬車でピレネー山脈を越え、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを目指したと言われています。

その道程は約800kmにも及び、巡礼者は巡礼のシンボル(通行証でもあった)であった帆立貝の貝殻を提げ、水筒、杖を手に長い道程を旅しました。

巡礼ルートは2つあり「サンティアゴの道」といわれる本ルートは北部内陸を、もう一つの沿岸ルートはカンタブリア海沿いを通る海岸ルート。

これら街道沿いには巡礼者の為の宿泊施設としても使われた修道院、教会、病院などが多数点在し、その時代の文化、芸術、歴史の足跡が色濃く残り、現在では歴史街道となっています。

この巡礼街道はユネスコの世界遺産に指定され、又日本の熊野街道(和歌山)と姉妹街道にもなっています。

この聖人の祝日7月25日が日曜日にあたる年は「聖ヤコブ年」といわれ、大祭が行われます。


又、これに因んでガリシア地方を中心に各種イベントが催されます。1999年は20世紀最後の「ヤコブの年」ということで、より多数の人が聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラを訪れました。



続きを読む
巡礼 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |