萩往還マラニック届きましたか?案内書は・・・。
2007 / 04 / 18 ( Wed )
萩往還マラニック大会の案内書が、


エントリーの皆さんのお手元に


郵送されているようです。



届きましたか?






ゼッケンも決まり、いよいよ萩往還が迫ったぞ!と…実感できる瞬間かもしれません。


封筒の中には、コース全体を示すA3サイズのコピーが複数枚同封されている。

初めて参加する選手の皆さんは、緊張と不安が交差しているのではないでしょうか?

250キロや140キロの距離への不安?さらに、練習量不足からくる不安?

様々な不安が脳裏を通り過ぎていきますね。

コース地図のマジマジと眺めていると、あまりにも距離が長くてフィニッシューである
瑠璃光寺までが何と遠いことか!!

本当に完踏出来るのだろうか?更に、不安が際限なく湧いてきますよね!!
でもでも、ここで注意事項があります。決して地図を過信してはいけませんよ!!

私アロハも、初経験で萩往還250キロに挑戦したときも同じような不安がありました。







不安を解消するかのように、何度も何度も地図を確認する作業が続きます。

そして、黄色なマーカーペンでコース上を辿ります。
さらに、走行中に見やすいように工夫して、切り刻んだり、注意点なんどを書き込んだりもする。
結局、地図は色とりどりに鮮やかになるのです。

でも、この地図は目安にはなるものの、夜間はあまり役に立たないようです。

なぜかと言えば、周りが暗くて目安になるような建物などが全く見られないことが多いからです。

“ここはどこ?私は誰?”的な錯乱状態に陥る可能性があります。
また、手元のライトが暗いと、ますます不安になり前に進むことができません。


地図に慣れていれば、昼間だと結構利用価値があるようですが…。
目的地までの距離が“どれくらいかな?”と、地図を読めるようになることが一番肝心な気がします。

できれば、コースの下見をお勧めします。特に夜間帯に走りそうな区間を下見するといいでしょう。
しかし、これがなかなか難しい。
山口県近郊であればちょっと…そこまで。そんな感覚で下見も可能ですが、関東方面からではあまりにも距離的にも経済的にも大きな負担となります。

Team The Horizonとしては、今年前半のメインイベントと位置づけです。
過去6回完踏経験を持つ私アロハは、萩往還250キロを
完踏に貢献すべくチームのnaviに徹してする覚悟であります。


絶対に、道に迷わないと、断言できません。



しかし、道に迷わせない自信はあります。


この言葉を胸に抱き、5月4日瑠璃光寺に立つことをお誓い致します。
そして、大きな感動をメンバーと共有できることを、楽しみにしています。
夢の舞台は、もうそこです。

まずは、元気にスタートすることにしましょう!!
ここまで来れば、もうジタバタしても無駄ですよ!!
“自分を信じて、絶対に諦めない!!”…そんな決意が、疲れた脚を動かせるでしょう。




続きを読む
未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |