明日はお台場24時間走です!!
2008 / 02 / 29 ( Fri )
明日は、お台場で逢いましょう!

直近の天気予報によれば、週末は天気に恵まれそうですよ!!
まあ〜夜間は寒いかもしれませんが、もう春の陽気ですから案外快適かもしれません。

改めて、TEAM THE HORIZON として大きなイベントですから、楽しく無理なくお台場24時間走に挑戦して頂きたいものです。

さて、総括としてここでまとめに入ります。



日時:2008年3月2日(日)17:00〜19:30
会場:ほていさん
会費:5250円(あんこ鍋コース)飲み物別
アクセス
ゆりかもめ線海の科学館駅→豊洲駅→月島駅(地下鉄有楽町線)
運賃:470円
所要時間:23分

以上

利用施設の基本データ

◇月島温泉(湯パーク月島)
風呂の特色:
露天風呂(男女日替)、男女別浴場、水風呂、バイブラ、ショルダージェット、電気風呂、サウナ(有料)
休憩施設: ロビー
備付品:バスタオル(有料 )、石鹸(有料 )、シャンプー(有料 )、ドライヤー(有料 )
住所  東京都中央区月島3−4−4
http://tsukishima-onsen.seesaa.net/


お店情報 「ほていさん」
住所:東京都中央区月島3-9-7
電話番号:03-3531-5200
営業時間:毎日11:00〜14:00、18:00〜22:00(ただし、冬期(10月〜3月)は17:30〜22:30)
定休日:基本的に日・祝日。不定休あり。(ただし、冬期は無休)
http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/11816.html


以上
続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スパルタスロン08エントリー必要書類配布に関して
2008 / 02 / 27 ( Wed )

スパルタスロン08

エントリー必要書類配布に関して


ランナーズ・ウエルネス(スパルタスロン日本事務局)に、Entry Formsを請求致しました。

結果ですが、本日手元に確保できました。

よって、“お台場24時間走”会場にて、Entry Formsを配布致します。

配布対象者は、スパルタスロン08に参加するメンバーのみ。

また、この必要書類には、2種類あります。

ひとつは、英文のEntry Forms一式。
他方は、和訳された添付資料一式です。

ランナーズ・ウエルネス(スパルタスロン日本事務局)では、3月・4月・5月各月末締めで、全国から届いたEntry Formsをまとめてスパルタスロン本部(ギリシャ)に送ることになります。

ここで注意することは、日本人参加枠は、

80名限定


であること。

早めのエントリー手続きを完了したいところです。

さて、皆さんには同封された和訳資料を参考にして、Entry Formsに書きこんで頂くことになります。

不明な点があれば、TeamTheHorizon事務局までメールを下さい。お待ちしております。

なお、TeamTheHorizon事務局で、参加されるメンバー全員の必要書類をまとめてランナーズ・ウエルネス(スパルタスロン日本事務局)に送付致します。

これには、大きな理由があります。

ギリシャへのEntry feeをまとめて一括で海外送金致します。

送金手数料がかなり高額なので、各自の負担金が割安になります。
また、手続きも煩雑で初心者には面倒な処理になります。

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
お台場24時間ラン&フォーク懇親会(チーム結団会)
2008 / 02 / 26 ( Tue )
お台場24時間ラン&ウォーク

懇親会(チーム結団会)



今週末は、スパルタスロン08に向けた鍛錬シリーズ第二弾!!…お台場24時間走です。

先の週末は、春一番が吹きましたネ。
日々春の足音が近づいて、早く暖かくなると良いですね!
さて、週末に開催される“お台場24時間ラン&ウオーク”迫りました。

心配される天気ですが、長期予報によれば今週末は天気に恵まれそうです。
雨の中の24時間は辛いですから、雨さえ降らなければ有り難いことです。

では、本題に入ることにします。

大会後の予定ですが、以下の通りになります。
まずは、お風呂でゆっくりと汗をながして頂きます。

打ち上げ会の場所ですが、地下鉄有楽町線月島駅そばにある“月島温泉”を利用することにします。

ゆりかもめターミナルである新橋駅近郊の銭湯も検討したのですが、日祝は休日が多くて残念ながら利用できません。

月島温泉は年中無休ですから、こちらを利用することにします。
この温泉は軟水で肌をつるつるにしてくれます。
銭湯並の料金で利用できます。

月島と言えば“もんじゃ焼き”が有名ですね。
お値段も手頃ですが、お菓子のようでなぜか物足りません。

(アロハはあまり好きでない事もありますが・・。)

冬の寒い夜は、やはり鍋料理がいいのではないでしょか?
月島駅そばにある小料理屋風のお店を発見しました。

通に言わせると、ここの“あんこ鍋”が美味いらしいのです。
メニューですが、冬期限定で“あんこ鍋コース”の一品のみで営業されているようです。


お値段ですが5250円(税込)。

制限時間は150分でお酒等飲み物は別です。
月島に近い築地市場で仕入れた“おんこう”ですから、新鮮です。
ただ料理の量が多いと聞きますので、胃の調子を整えなければなりませんね




ただ、あんこうは受注手配らしくて人員に変動ができないらしい。
ましてや急なキャンセルもできなくて、少し懸念している。

24時間走後ですから、食欲減退も考えられます。

よって、このお店は一応予定とします。

急な変更もございますので、ご了承ください!!



打ち上げ会に関する詳細は、以下の通りです。



続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
矢倉沢往還と春の修羅
2008 / 02 / 23 ( Sat )
旧道から見た大山(善波峠 秦野側)





先週末から

矢倉沢往還に嵌っている。





矢倉沢往還とは、江戸の赤坂御門を起点として、青山、渋谷、三軒茶屋より瀬田を経て、多摩川を二子で渡り、多摩丘陵、相模野の中央部を横切り、足柄峠手前の矢倉沢関所に至る脇街道です。

 江戸時代中期以後、江戸庶民の大山詣りの道として盛んに利用され、矢倉沢往還は「大山街道」、「大山道」と呼ばれるようになりました。

この他、大山へ向かう道を総称して「大山道」と呼んでいました。



 又、タバコ、鮎、生糸、炭など相模地方の産物を江戸に送る道でもあり、沿道には人馬継ぎ立場として伊勢原、厚木、国分、下鶴間、長津田、荏田、溝口、二子などがありました。

 東海道と甲州街道の中間に位置するこの街道は西に向かっては厚木街道、東に向かっては青山街道とも呼ばれていました。

 現在でも、当時の大山街道を偲ぶものとして「道標」があります。

「道標」は当時の人たちが大山詣りの際、道に迷わないように建てた道路標識です。


 今、「道標」の代わりとして、この見どころマップが、皆様の「道標」となるわけですが、大山街道に点在する昔の「道標」を目にしたら、ふと立ち止まり、往時の旅に思いを馳せている。

午後、春の修羅が天空を舞っている。
砂埃を立って、小枝を折り、木の葉が乱舞する。
それが、修羅なのです。

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お台場24時間走 For SPARTATHLON08
2008 / 02 / 22 ( Fri )



お台場24時間走 

For SPARTATHLON08


最新情報!!



2008年3月1日(土)〜2日(日)の2日間、船の科学館において“お台場24時間走”が開催されます。




◆◇Spartathlon08に向けての第2弾…


お台場24時間走◇◆


第2弾の趣旨は、24時間を走り歩き通すことあります。
つまり、“持久力を養い”。そして、“夜間走を経験する”。

Team The Horizonとしては、お台場24時間走は重要なイベントと考えています。
特にSpartathlon08に参加するメンバーは、必須です。

なお、走行距離の目標ですが、最低でも100mile(160キロ)を完踏して頂きたい。

Spartathlon08に参加しないメンバーの皆さんは、あまり無理はしないで一日24時間を楽しく過ごせれば、それでOKでしょう!!

初めて出会うメンバーの皆さんもいらっしゃいます。積極的に声をかけて懇親を深めてください。

参加メンバーリスト
No.1 ヒロ児玉さん
No.2 zephiyamaさん
No.3 ミチヒロさん
No.4 ファンタジスタさん
No.5 ウルトラの娘さん
No.6 kodanさん
No.7 Aloha!Moana
----------------------------------ここまでは、スパルタスロン08参加メンバー
No.8 マカニ・トモさん
No.9 Cham浅井
No.10 尚ちゃん
No.11 ことみ選手さん
No.12ウルトラランナーさん(スパルタスロン07仲間)
No.13西岡さん(Kodanさんのお友達)

なお、サポーターはテリーさんです。

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
Spartathlon2008遠征団要綱
2008 / 02 / 20 ( Wed )
Spartathlon2008遠征団要綱

Spartathlon2008公式HPが、現在公開されています。

発表によれば、大会日程は例年通りに“2008年9月26日(金)〜27日(土)”に開催されます。
チーム遠征団としては、航空券及びエントリー必要書類の手配を早急に各自にお願い申し上げます。
不明な点がありましたあら、チーム事務局(Teamthehorizon@gmail.com)まで問い合わせ下さい。

1.旅 程

■往路
9月23日(祝火)日本出国→9月24日(水)ギリシャ:アテネ着

■復路
9月30日(日)ギリシャ(アテネ)出国→10月1日(月)日本帰国


2.パスポートに関して

下記の事項を、早急にご連絡ください。

? 氏名(漢字)

? ローマ字(パスポート表示と同一のこと)

? 生年月日(西暦)

? バスポート番号

(注)
※パスポートのローマ字綴りと間違いがありますと飛行機に搭乗できません。
※パスポートの有効期限が帰国日より6ヶ月以上ない場合は入国できません。

3.エントリー必要書類の請求に関して

チーム事務局よりエントリーに必要な書類を、各自宅宛に郵送するように手配致します。

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
東京マラソン2008/メッセージを伝えられるか?
2008 / 02 / 19 ( Tue )
義足のランナー、島袋勉さんも完走=東京・有明のゴール地点


島袋勉さんをご存知でしょうか?

東京マラソン2008では、芸能人から女子アナまで色とりどりのキャラクターが大都市・東京を劇走しました。


でも、冷静に考えると芸能人や女子アナの皆さんは、結局宣伝に過ぎないのではないでしょうか。


例えば、芸能人は仕事の延長上に、マラソンを走っているような気がしてならない。

また、女子アナですがこれも日本放送の宣伝に過ぎないのでは?

東京マラソンは、市民マラソンの原点に立って放送されるべきです。


東京マラソンが、ホノルルマラソンになってほしくは無い。

その証拠に番組が終われば果たしてランニングを続るのでしょうか?


推測ですが、たぶんこれで終わりではないでしょうか?

本当に走ることを通じて、己のメッセージを伝えられるはずが無い。

だが、ここに一人の市民ランナーが存在する。その一人が、島袋勉さんである。

今年で2回目。フルマラソンの完走率は97.4%で、氷雨が降った昨年を1.1%上回った。

昨年、7時間の制限時間を50分オーバーして“完走”した両足義足のランナー、島袋勉さん(44)は今年も挑戦し、制限時間内でゴールした。

不慮の事故により、両足を切断しても両足義足を装着して東京マラソン08を完走された島袋勉さんです。



「両足を切断する体験をしたり、それを乗り越える苦労をしてきた理由をどう考え、何のために生まれてきていると思われますか?」

とインタビュアーの人見が質問すると、

6歳の時に弟さんを亡くされ、人は何のために生きているんだろうと、考えるようになられたそうです。


そして中学生の頃に、『死というのは、ゴールだ』という思いを持たれ、死は避けるものではなくて、死に向かって人間は進んでいる。

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
裏東京マラソン2008
2008 / 02 / 18 ( Mon )

裏東京マラソン2008を


完走しましました!!





東京マラソン2008落選記念として、裏東京マラソンを完走しました。
といっても、応援ランですが…。


今回で2回目を迎えてた市民参加型大規模マラソン。
前回は、沿道の応援を含めると、178万人もの人手になったという。

今年は、大都市・東京を気持ちよく晴天の中を選手は走れたのではないでしょか?
スタート前の緊張の中にも、走れる喜びをかみ締める選手の表情もなぜか生き生きとしていた。

2009年の開催は、3月になります。
昨年、今年よりは暖かくてエントリーしやすいかもしれません。

さて、裏東京マラソンに言及します。コースはもちろん、都庁庁舎前から晴海・ビックハットまでの42.195キロです。

私といえば、東京都都庁前の人込みと混雑に、割り込む余地もない。
仕方なくヒルトン東京から、スタートする羽目に。
別に急ぎ旅ではないので、まいいか!と何故はぉ気楽。
マラニックのつもりで、晴海を目指します。

続きを読む
宮古島200キロチャレンジ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
スパルタスロン2007からの手紙・第七章
2008 / 02 / 16 ( Sat )





スパルタスロン2007からの手紙・

第七章






No.52CP:NESTINA ネスタニ

(172.0キロ)
 
制限時間 翌日07時30分


この区間が一番寒い。例年外気温度が5℃前後に下がります。早めのタイミングで、ウインドブレーカーを手に入れましょう。

ネスタニ村の広場にNo.52CP(172?)のエイドステーションがあった。



アテネ市街を走るアロハ!







No.60CP:TEGEA デケア

(195.1キロ)

制限時間 翌日11時00分


長い一本道が続く。前後にランナーの灯りは全く見えず、コースを示す矢印もなかなか現れない。道を間違ったのではないだろうか…。不安がつのる。


道を間違うと精神的ダメージが大きいから標識を見逃さないように。

やっと約4キロ先に、エイドの灯りが見えた。ホッと一安心。
195キロ地点、テゲアのエイドは村の中央にあった。

そしてこれから選手を待ちうけている最後の試練……それは、1000mの山越えです。

テゲアを出ると1000mの山が立ちはだかる。

アテテ市街を激走するKODANさん



最後の峠は、No.67CP(218.6?)までの300mの上り。
それからスパルタまで一気に700m下る。

今度は舗装道路だから走り易いが、ダラダラと上りが延々続く。そして暑い。日陰は全くない。
エイドでミネラルをボトルでもらい持って走る。飲むより頭や足に掛け方が多い。

強烈な睡魔が襲うのがこの区間です。

足がよろめき路側帯から落ちないように注意しましょう。

「睡魔は、時間が経てば去っていく」を肝に明記して、とにかく耐えることです。もう少し、頑張りましょう!

どうしても我慢できなければ、とにかく次のCPまで自力で進んで、休ませて頂きましょう。5分でも寝るだけでもかない違います。

間違っても、道路などガードレールにもたれかかて寝ているランナーを見受けられる。とても危険なので注意します。

続きを読む
spartathlon2007 | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
Spartathlon2007/コース概略
2008 / 02 / 15 ( Fri )


1.コース概略

?チェックポイント(以降CPとする。)


アクロポリスからスタートして、主なチェックポイント(以後CPとする。)としては、6箇所である。

このCPは、制限時間が厳格に適用される。

他に、小さなCPが約3?〜5?間隔で存在していて、合計69箇所を数える。

こちらのCPは、制限時間を多少遅れても、係員は“go!go!”と通過を促して、喜んで先に行かせてくれる。

万一、”Finish!”と云われても無視しましょう。

先に先にと、足を進めましょう!!

結論として、大きなCPを制限時間内に通過すればOK。





?コース展望


アテネ(アクロポリス)

 アテネからスパルタまで、全走行距離245.3km。

アクロポリスは、高台にあるため1kmほど下る。下りのためゆっくり走っているつもりでも結構速い。

丁度、通勤時間帯のためアテネ市街交通量が増えて、通勤ラッシュのピークを迎えている。

道路の要所要所に警察官が、ランナーのために交通規制をしてくれる。

アテネ市街を抜けて10kmも走ると、国道に出る。

通勤時間帯と云うことで、かなり国道では車両の往来が激しい。

特に支線から本線に入る入口には、係員の制止にも関わらずスピードをつけた車が侵入してくることも多い。

日本人男性選手が、侵入してきた車に跳ねられる事故があった。十分に車には注意が必要である。



続きを読む
spartathlon2007 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ