今までの人生の中でも最高の1週間だった/71歳飯田徳子さん
2008 / 04 / 30 ( Wed )
灼熱地獄のサハラ砂漠を、

7日間かけて走破する


世界一過酷な“サハラマラソン”



71歳の主婦・・・・


“飯田徳子さん”


今大会の最年長選手で、



日本人として歴代最高齢で


挑戦でした!!



結果は、第4ステージで棄権。惜しくも完走はかなわなかった。





夜間道に迷い数時間闇の中を歩き回ったが、精神的に切れてしまったようです。
救護を要請する照明弾を
星が輝く夜空に打ち上げることになります。

その光景を、飯田さんはどのように眺めていたのでしょうか?



「考えが甘かった。
来年も出場し、次は完走したい」と早くもトレーニングを再開し、雪辱に燃えている。




高齢と過酷なレースであることから、その意識の高さに驚かされる。
いかに人間として偉大であるか・・・誰よりも実感できた。



飯田徳子さんのリタイア直後の言葉に、なぜか納得できる至宝の玉手箱となりました。


続きを読む
サハラマラソン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夢は目標/サハラマラソン
2008 / 04 / 29 ( Tue )


日中は40℃以上、夜間は5℃


そんな過酷な土地が


存在する・・・・それは、サハラ砂漠



恵まれた日本の日常生活で想像を絶するマラソンが・・・サハラマラソンである。こんな極限状態の中で、心に深く沁みる言葉を集めてみました。



まずは、間寛平さん・・・58歳。





“もう、今しかないんや!“



年齢的にも体力的にも、残された時間は残り少ない。
間寛平さんの大きな夢・・・それは、走って地球一周すること。

心の中に、残り少ないカウントダウンが時を刻んでいるのでよう。
僕も同様に、今しかないと確信している。
サハラマラソンのその先の夢がある限り、この過酷なサハラマラソンを完走しなければならい。地球を一周するとは、自然環境が全く違うロケーションが多数存在する。

サハラ砂漠のように湿度がまったくない土地もあれば、熱帯雨林のジャングルのように多湿な自然環境の中を走ることもあるかもしれません。
いろいろな状況を想定しながら、サハラ砂漠を走る意義があるのです。

人間は弱く自分にも甘いと・・・寛平さんは言っていた。
地球上に存在する種種の自然環境を経験しなければならない。
地球を巡るとは、経験値がものを言うのだ。

弱い精神力を叩きなおすためにも、自分を世界一過酷な条件の中におとしめ、跳ね返しするだけの精神力と体力がなければ、夢は実現できない。

夢は夢ではあってはいけない。夢は目標としてとらえ、日々の生活さえも摂生できるしモチベーションを高めておかなければならない。

夢はなければ生きていけない・・・夢があるから生きていけるのだ。
できることは・・・・今しかない!

続きを読む
サハラマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
テレビ朝日系「間寛平58歳! 酷熱地獄サハラマラソンに挑戦〜見果てぬ地球一周の夢をかけて〜」
2008 / 04 / 28 ( Mon )


テレビ朝日系「間寛平58歳! 


酷熱地獄サハラマラソンに挑戦〜

見果てぬ地球一周の夢をかけて」

を観ることができた。


ヒロ児玉さんよりダビングして頂いからだ。(礼)

この番組を観ての感想を述べることにします。


まず、この番組を観ているといろいろと疑問がある。

まず、専属コーチの坂本さんに言及します。

一言で述べると、サハラマラソンなどのアドベンチャーレースは、

まったくの素人であることを痛感した。

それには、二つ理由がある。


そのひとつは、

サハラ砂漠を走ることは砂対策が重要です。


ご存知だと思いますが、登山やトレイルでも石や砂から靴の中に侵入を防ぐには・・・スパッツを忘れてはいけない。

これは、常識でしょう!

番組では、間寛平ちゃんが砂で不安に陥っている靴へのアドバイスが、

完全に不足している。

坂本さんは、このスパッツ(番組ではカバーと言っている。)の存在すら知らない。

近年流行しているトレイルランニングでさえ、

このスパッツは忘れてはならにアイテムである。

この重要なアイテムさえ知らずして、サハラ砂漠を語るなかれ!!


そのふたつは、

ザックの背負い方をまったく坂本氏は知らない。


食料などをリックに詰めると10キロ強になり、当然砂漠を走るとリックは揺れる。

登山の常識さえ知識があれば、背中にピッタリと合わせた担ぎ方をしないと、振動で肩なんど摩擦して大きなダメージとなる。

番組では、間平ちゃんへの適切なアドバイスがなくて、レース中は難儀している様子が映されていた。

坂本氏のアドバイスは、どうなっているのだろうか?

逆に、サハラ砂漠を走る日本選手からリックの担ぎかを教えてもらう始末。

間平ちゃんも坂本さんに苦言を浴びせるシーンが映し出されていた。

レース前のレクチャーが不足していたと言われてもしょうがない有様である。

果たして、専属コーチである坂本氏の存在としては、その影が薄いとしか言いようが無い。



続きを読む
萩往還マラニック250キロ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
禁酒宣言/第20回萩往還マラニック250キロ迫る!!
2008 / 04 / 27 ( Sun )
2007年山口瑠璃光五重之塔前にて:左からことみ選手さん、zephiyamaさん、そしてアロハ


第20回萩往還250キロ迫る!!

2008年5月2日山口瑠璃光寺を午後6時にスタート!

制限時間48時間内で、再び瑠璃光寺に戻るわけです。

大会中は、生中継します・・・つまりモバプログですね!!


皆さん!

ぜひご覧頂き、応援いただけると幸いです。

よろしくお願いします!!(礼)


さて、決心しました!!

明日からしばらくは・・・・禁酒します!!

好きなビールもしばし封印です!

でも、今日は飲みます!

続きを読む
萩往還マラニック250キロ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
第15回奥武蔵ウルトラマラソン/チーム団体種目に5名募集!!
2008 / 04 / 26 ( Sat )
延々と登るスパルタスロンでの坂・・・・坂!!


第15回奥武蔵ウルトラマラソン


チーム団体種目に


5名募集!!


15回目を迎えて暑くて熱い奥武蔵ウルトラマラソンの開催要項が,
本日自宅に届きました。

例年とは違って、2008年度大会は大きな変更点が発表されました。

ひとつは、コースを一部(スタート直後)変更されています。


それに伴い距離が2キロ延びました。つまり75キロから77キロとなります。


もうひとつは、スタート時刻を1時間30分遅くしたことです。


つまり、7時30分スタートになります。

これで電車利用による当日参加が可能になり、より参加しやすくなります。

スパルタスロンに向けての最重要大会として、

参加種目は“団体”にてエントリー致します。

団体種目とは、同一クラブまたはチーム上位5名の合計タイム順に1位〜3位が表彰されます。

TEAM THE HORIZONとしては、“5名”を募集いたします。

参加予定のメンバーの皆さんは、メールにてご連絡ください。

email:teamthehorizon@gmail.com

この場合は、エントリー払込取扱票の所属チーム欄は


“TEAM THE HORIZON”
と記入してください。

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
航空券手配に関して旅費変更のお知らせ
2008 / 04 / 25 ( Fri )



スパルタスロン

航空券手配に関して



ご存知とは思いますが、世界的な石油高騰により航空機業界にも大きな影響が出ております。

燃料サーチャージが値上がりしておりますことをお知らせ致します。

また、この格安航空券を手配していただいている旅行代理店より、早急に入金の依頼が届いています。

よって、4月28日(月)までに入金しなければなりません。

万一にも、発券手続きを遅れるとご予約がオートキャンセルさ
れてしまいます。

よって、一時的ですがチーム事務局にて立て替えておりますことをご承知ください。

また、航空券手配の時期によりメンバー各位に旅費が多少違いが発生しております。

特に、荒木賢一さんは航空券手配が遅れましたので、割高になっております。

以下は、各メンバーの旅費決定です。

ご確認ください!!

続きを読む
spartathlon2008 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
次の目標は・・・。
2008 / 04 / 24 ( Thu )




今年の大きな目標は、


スパルタスロン。


そして,

その次にサハラマラソンに挑戦する。

さらに,その先は?

続きを読む
サハラマラソン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
サロマ湖ウルトラマラソンツアー詳細決定!!
2008 / 04 / 23 ( Wed )


サロマ湖ウルトラマラソンツアー


詳細決定!!


スパルタスロンに向けての鍛錬第5弾は…・”第23回サロマ湖ウルトラマラソン(100?)”!!

昨年に続き、Team The Horizonサロマ湖遠征団を結成します。


ここで課題です。


特に、スパルタスロン2008に参加されるメンバーにおいては、

各レースの目標タイムとして10時間30分を切ること。






☆旅 程☆


続きを読む
アロハツアー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第18回かすみがうらマラソン
2008 / 04 / 21 ( Mon )


第18回かすみがうらマラソン

に参加して感じたことは、市民ランナーの多さに驚愕です。
以前は1万人程度の大会でしたが、
今年は、何と〜2万人です!!

スタートラインに立てばその壮観な情景に、改めて“マラソンブームなんだ!“と実感する次第です。

大会規模としては、NAHAマラソンや東京マラソンに匹敵するビックイベント。

さて、心配された天気ですが、朝方は曇り空。
レース中は、お昼過ぎは少し小雨模様で少し寒さを感る程度です。

午後からはようやく陽射しが戻り、強い陽射しが差してきます。
マラソンには、最適なラン日和です。

今回は救護ボランテイアとして走ることになりました。
タイムを気にせず、体調を崩した数名を救護することが使命です。
レース中に救護したの選手は、数名。
やはり、30キロから35キロは鬼門らしく、救護を求めるランナーが沢山います。

続きを読む
マラソン | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
日光街道マラニック142.8キロ
2008 / 04 / 19 ( Sat )




旧街道走り旅シリーズを


新たに企画しました。


今回は、関東圏内を網羅する旧道に目をつけた…・

すなわち、“日光街道マラニック142.8?”。

日光街道は、江戸を起点とする五街道(東海道、中山道、甲州街道、奥州街道、日光街道)の一つで江戸から日光を結ぶ主要な街道です。

徳川家康の廟所が久能山から日光東照宮に移されて、将軍の日光社参が制度化されるようになり、この街道が一段と整備される。

ちなみに、千住〜宇都宮間の17宿は、奥州街道の宿駅を兼ねています。

この街道は、江戸日本橋から武蔵国(埼玉県)〜下総国(茨城県)〜下野国(栃木県)を通り、日光に至る21次、約36里(142.8km)です。

走り旅を楽しむには、秘訣があります。

その秘訣とは、まず旧道を歩く古の旅人になること。

残念ですが、

突然に旧道が寸断され、また道路拡張工事などで昔の面影も消滅しまった個所も少なくありません。

街道脇にあっただろう道祖神や馬頭観音などの野仏群も撤去され、移動さられて現代の車優先の道路へと無残にも変化しています。

でも、よく観察すると昔のままの旧道の痕跡が点在していることを忘れてはいけない。

現代を生きる旅人も、自分の足腰だけで旧道を歩くとタイムスリップするように、まだまだ旧道を行き交う古の旅人逹が幻想的に発見できるはずです。

旧道を進めば、新たな出会いが待っているような、”ワクワク!ドキドキ!”とした不思議な期待感を持って“先に〜先に〜”と、足が軽くなることは間違いありません。

続きを読む
マラニック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ