第5回鎌倉アルプストレイルレースを楽しむ♪
2009 / 02 / 22 ( Sun )
いゃ〜今日の湘南は、天気が最高でした!







お昼過ぎに、ゴール会場である稲村ヶ崎公園に参上!
しかし、トップはあの相馬剛選手。ぶっちぎりの一番でした。
約20キロのトレイルを1時間30分台でゴールしたようです。流石ですね!

僕は、コースを逆走するとすぐにWaltさんに集団の中に発見!
声をかけたけど、わかとたかな?






本日、第五回鎌倉アルプストレイルレースが開催されました
アロハの大好きな湘南・鎌倉。
ですから、応援と見物を兼ねれご無沙汰していた鎌倉アルプスを散策トレイルしてみよう!

コースは横浜の港南台中央高校から鎌倉を抜けて稲村ヶ崎公園まで走るというとても魅力的な設定。

スタートが午後10時港南台高校をスタートですから、約2時間後の午後11過ぎゴール地点:稲村ガ崎公園で待っているよう!!



さて、昨日の鍛錬です。

105キロを目指して松田駅をスタートして足柄峠から御殿場駅〜裾野駅〜三島駅と順調にマラニックしていました。

ところが、箱根峠越えて小田原に向かう途中で、不覚にも側溝に足を取られて転倒しました。

膝を強打して、その影響かかなり腫れています。また、両膝をついたので擦り傷がかなりひどい。。

急遽、リタイア・・・。80.1キロで終了です。(泣)

本日の鍛錬は、


午前6時頃自宅をスタート!!

王滝街道(八王子〜鎌倉)を経由して江ノ島道へ。。。

後は一路、稲村ガ崎公園に向かいました。


鎌倉アルプストール(天園コース、大仏コース)を楽しんできましたよ!!


選手を応援しながら、モチベーションが高揚しましすね♪


午後2時前に帰路に。

江ノ島道から藤沢駅でFinish!

銭湯”富士見湯”
で汗を流しました!!(疲れた!!)

距離:70.1キロ
マラニック | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
僕の脚を守るシューズ・・・・ゲル・カヤノ
2009 / 02 / 21 ( Sat )
僕の脚を守るシューズ・・・・ゲル・カヤノ(GEL-KAYANO)



長距離レースでは、脚や膝にかかる衝撃を考慮しなければならない。

ウルトラランナーの脚や腰を衝撃から守ってくれるシューズを選ぶことこそ、一番重要ではないでしょうか。

僕が絶対の信頼を寄せているシューズ…それが、“ゲル・カヤノ(GEL-KAYANO)”です。

日本国内のみならず、世界中のランナー達に愛用されている。

では、皆さんご存知でしょうか?
一体、“カヤノ(KAYANO) “とは何のことだろうか?…と。

答えは、
ゲル・カヤノ(GEL-KAYANO)の名前は、設計・デザインを担当したアシックス社(ASICS)の“榧野俊一さん”の名字から取られています。

1990年欧米のアシックスから“テクノロジーを具現化したランニングシューズを作ってほしい”という依頼があり、その時担当したのが、榧野俊一氏である。

当時欧米では、日本よりずっと早くジョギングがライフスタイルに溶けこんでいた。

今までにないデザインとテクノロジーを組み込んで作ったものが“ゲル・カヤノ”である。

靴底部分に組み込まれた衝撃緩和材のゲルを最大の特徴とするシューズの誕生である。

もともとは開発上のコードネームとして、仮に榧野氏の名前が使われた。

商品化に当たって社内では“このままでいいでは?”という話になり、
そのまま商品名となった。

当時欧米では日本語の響きがクールだと思われていた時代であることが、その理由である。

当時28歳の若き日の榧野氏が勢いと情熱を注ぎ込んで作り上げたGEL-KAYANO1は,“装甲”をキーワード”に1993年に発表された記念すべき初代モデルが完成した。

2001年はGEL-KAYANO7のキーワードは“燗”で、榧野氏自身が最も重入れがあるというモデル。


2004年のGEL-KAYANO10は,“時”がキーワード。

フィット感の高めるバイオモルフィッツを備え、アテネ五輪日本選手段のデレゲーショウン用シューズに採用されている。

世界中のランナーに受け入れられて、人気モデルとなった。
その後、年1回ペースで最新のモデルがリリースされている。

2007年の13代目までで榧野氏はゲルカヤノを離れ、現在はマーケテインの仕事に異動。

ゲルカヤノは別のデザイナーに引き継がれている。
また、ゲルカヤノもフラッグショップモデルの座をゲルキンセイに譲ったが、今でも中核モデルであり続けている。

現在でも、実に120万足以上を売り上げている定番高級ランニングシューズに育てあげた。

1993年に初代が出てからすでに約16年。
現在の最新モデルがGEL-KAYANO15である。
“フィッテイング”をテーマに、シューズと身体の一体化に注力。
脚への衝撃を緩和する最新の位置と形状で配置されている。

榧野氏が作りあげた初代の遺伝子を継承するモデルだ。


スパルタスロン2009に出場するウルトラランナーには、ゲルカヤノが強い味方になってくれるはずだ。

商品推奨 | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
週末鍛錬105キロ
2009 / 02 / 19 ( Thu )

大きな地図で見る


今週末の鍛錬は、さくら道国際に向けて真剣に鍛錬します。


新松田駅をスタート!!
コースは、足柄峠を越えれ御殿場〜裾野〜沼津に至り、
それから箱根峠を越えて小田原駅が終点。


距離にして、105キロ。

がんばります!!
マラニック | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
がんに負けるな 希望をつなぐ700キロマラソン
2009 / 02 / 18 ( Wed )
「がんに負けるな 希望をつなぐ700キロマラソン」



“毎日寂しくて恐ろしくて、特に夜は耐え難かった“
平凡なある日、体調が悪くて架かりつけの医者に出かけた。
精密検査が必要だとその医師のアドバイスで、大学病院の門を叩いた。
そして、寒風が吹く冷たい或る日の午後、“ガン”であることを医者に宣告された。
その瞬間、頭の中が真っ白となり、全身のあらゆる力が抜けていくことが解った。
それからの記憶が完全に消滅してしまい、そう…・そのまま時間が止まっていたのです。
一瞬にして、大切な家族や人々との永遠の別れに備えなければならない。

それまでの日々は、惰性に流されながら生きてきた。
だが、からは “死”を身近に感じながら生きていかなければならない。
残される妻や子供たちに、何か伝えなければならない…・そんな生きた証を模索していた。

そして、彼が決めた、その証とは…“走る(Run)こと。”

そして、今も彼は走り続けている。

彼の名前は、勝見雅さん(39歳)さん。

山形県山辺町に住む彼は、5年前に“睾丸ガン”に侵された。
摘出手術を受けたもののすでに周囲のリンパ節に転移していた。
過酷な抗がん剤治療を乗り越え、何とか仕事復帰を果たしたものの、今でも再発の恐怖と闘っている。
仕事以外、これといった趣味もなかった“普通のお父さん”。

しかし、病弱な父親しか知らない子供たちに強い父親を見せたいと、走ることを決意した。
特に長男の優くんには、抗がん剤治療の苦しさから、辛い姿を見せてしまったお父さん。
今、勝見さんは優くんと2人で日本縦断マラソンに挑戦している。



続きを読む
告白 | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
サーチャージ大幅値下げ
2009 / 02 / 16 ( Mon )
ANAサーチャージ大幅値下げ、欧米線は3500円に


朗報です。

今年はギリシャやヨーロッパに海外遠征する予定なのでチャージ大幅値下げありがたい!!


 
全日本空輸は16日、燃料費の値上がりに応じて国際航空運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(サーチャージ)の4〜6月分の改定料金を発表した。

 料金水準を変更し、現行より8〜9割安くする。

 欧米線では現行の片道2万2000円から3500円に、ハワイ線は1万4500円から2000円に、アジア方面では香港・台湾・中国線が6000円から500円に、韓国線が2500円から200円へ値下げする。日本航空も同様に値下げする方針を固めている。

 基準となる昨年11月〜今年1月分の航空燃料価格の平均は1バレル=64・22ドルまで下がった。全日空が昨年8月に定めたサーチャージ料金表に基づけば、今回の改定額は欧米線が5000円、ハワイ線は3000円となるはずだった。今後、2〜4月分の平均燃料価格が60ドルを切ればサーチャージは廃止される。


お知らせ | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
2009さくら道国際ネイチャーラン選手名簿発表!
2009 / 02 / 15 ( Sun )
2009さくら道国際ネイチャーラン


選手名簿が発表される!!


2009さくら道国際ネイチャーランにエントリーする選手名簿が発表されました!!


今年前半の大きな大会・・・・それが、さくら道国際ネイチャーランです。




■ 国内ランナー ■

80名(男性69名、女性11名)。

内訳は、

・去年の同大会完走者46名(ハーフ7名含む)。

・スパルタ(246km)完走者15名。

・萩往還(250km)完踏者8名。

・佐渡ヶ島1周エコ・ジャーニーラン(206km)完走者2名。

・琵琶湖一周周走会(200km)完走者1名。

・夜叉ケ池伝説マラニック(130km)完走者1名。

・サロマ、えちご、四万十、にちなんおろち、(100km)完走者6名。

・フランス スルジェール48時間走336.5km1名。

TEAM THE HORIZONのメンバーは5名参加です。


<ヒロ児玉氏記事コピー>



応援よろしくお願いします。






※赤字は、TEAM THE HORIZON 所属

続きを読む
2009さくら道国際ネイチャーラン | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
2009年度大会参加レース一覧
2009 / 02 / 14 ( Sat )

2009年度大会参加レース一覧




2009年度における大会参加リストをまとめてみた。

基本的な姿勢は、出たいレースに参加すること。

フルマラソン未満の大会には、あまり興味がない。

本年の大きな目標は、ふたつ。

大会以外は、野山や歴史街道を駆け巡りましょう!!

The North Face® Ultra-Trail du Mont-Blanc®

Spartathlon2009







今後のレース予定 | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
Spartathlon2009遠征団要綱
2009 / 02 / 13 ( Fri )
Spartathlon2009遠征団要綱


Spartathlon2009公式HPが、現在公開されています。

発表によれば、大会日程は例年通りに“2009年9月25日(金)〜26日(土)”に開催されます。
チーム遠征団としては、航空券及びエントリー必要書類に関して昨年同様にチーム事務局にて一括して手続き致します。

不明な点がありましたあら、チーム事務局(Teamthehorizon@gmail.com)まで問い合わせ下さい。

1. 日程

本年は9月20・21・22・23日が4連休となり、会社のお休みが取得し易いのでないでしょうか?

僕は、早めにギリシャに入り少し観光する予定にしております。

よって、
復路に関してツアー日程に不都合がある場合は、別途に航空券を手配します。
復路に関しては、同便にしたいと考えております。


■往路
9月22日(火)日本出国→9月23日(水)ギリシャ:アテネ着

■ 復路
9月29日(火)ギリシャ(アテネ)出国→9月30日(水)日本帰国


2.パスポートに関して

下記の事項を、早急にご連絡ください。

? 氏名(漢字)

? ローマ字(パスポート表示と同一のこと)

? 生年月日(西暦)

? バスポート番号

(注)
※パスポートのローマ字綴りと間違いがありますと飛行機に搭乗できません。
※パスポートの有効期限が帰国日より6ヶ月以上ない場合は入国できません。

3.エントリー必要書類の請求に関して

エントリーに必要な書類は、各自手配して下さい。

4. エントリー必要書類郵送宛に関して

エントリーに必要な書類を各自記入の上、チーム事務局に郵送ください。
チームでまとめて、スパルタスロン事務居に郵送します。

5.エントリー料金の海外送金に関して

海外送金の取扱手数料は、かなり高額です。
よって、一括で入金した方が、ひとり当たりの負担金が少なくて済みます。

また、海外送金も経験がないとかなり面倒になります。
チーム事務局にて、一括にて海外送金を致します。

(注)スパルタスロン2009遠征団事務局

spartathlon2009 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
2009ツール・ド・モンブランに、30人以上の日本人選手がエントリー
2009 / 02 / 09 ( Mon )
小さな国・日本で、例えば日本山岳耐久レースでどんなに素晴らしいタイムで完走しても、それは井の中の蛙しかない。
世界には、まだまだ想像を絶するレースが存在するのだ。

100マイルのレースが当たり前の、トレイルレース。
日本の比ではないようだ。


さて、ここで面白い記事をご紹介します。





2009ツール・ド・モンブランに、

30人以上の日本人選手がエントリー


 昨2008年、鏑木毅選手が4位に入賞したこともあって、日本でも一躍注目を集めているツール・ド・モンブラン。全長166km、累積標高差9400mという、日本山岳耐久レース(長谷川恒男カップ=通称ハセツネ)を2周するより長い過酷なトレイルレースだ。

 今年は4種目あるレースのうち3種目に日本人選手がエントリーしており、その人数はなんと30人を上回っている。

 全種目のなかで最も注目を集めるレースである、"The North Face Ultra Trail du Tour du Mont-Blanc 2009"(略称UTMB)

<距離=166 km 標高差=9,400m 制限時間46時間 スタート時間=8月28日(金)18:30 スタート・ゴール=シャモニ(フランス)>

計20人の選手がエントリーしている。


 また、UTMBのコース後半をトレースする、"The North Face Ultra Trail Courmayeur-Champex-Chamonix 2009"(略称CCC)


<距離=98km 標高差=5,600m 制限時間26時間 スタート時間=8月28日(金)9:00 スタート=クールマイヨール(イタリア) ゴール=シャモニ(フランス)>

には10人がエントリーしている。

 UTMBに出場する日本人選手の顔ぶれを見ると、昨年のハセツネを驚異的新記録で制した山本健一、2位の鏑木毅、3位の横山峰弘に加え、プロトレイルランナーの石川弘樹も出場する。こうなってくると、これはハセツネと並ぶ、"長距離系トレイルレース日本選手権"か、と言いいたくなる。

 ただし、166kmというとてつもない距離のウルトラトレイルレースは国内には存在しない(トランス・ジャパン・アルプスレース<TJAR>は除く)ため、多くの選手にとってはこれだけのスケールのレースは初体験となる。

 ウルトラトレイルのノウハウをを最も蓄積している選手といえば、やはり石川だろう。石川は100マイル(約160km)の超長距離トレイルレースの出場経験が、他の選手より抜きんでて多い。

石川は昨年も同レースにエントリーしていたが、体調不良により出


 続いて経験豊富なのは鏑木だ。同レース初出場の07年は12位だったが、満身創痍のゴールで、車椅子に乗って帰国するほどのダメージを負った。

しかし昨年は4位入賞と大幅に順位を上げている。

今後はロングレースを活動の中心にする意向を示している鏑木だけに、このレースには「1年の集大成」という気持ちで臨むことだろう。

狙うは当然3位以内、あるいはもっと上の順位か。

 そして、07年の同レースで手痛いしっぺ返しを食らった、横山と間瀬の二人だ。


 横山は07年の同レースで故障し、その後約1年間、故障が癒えずにまともなレースができなかった苦い記憶がある。

しかし、昨年のハセツネで自己記録を大幅に塗り替えて3位に入り、完全復活までもう少しとなった横山は、モンブランでの完全復調を期してレースに臨むことだろう。


 間瀬も、07年の同レースで途中フラフラになり、一時はオフィシャルからリタイヤを迫られながら、なんとか完走だけは果たした。

今年は満足いくレースをして、きっちりと結果を出したいところだろう。
 
 また鈴木博子も、「得意な距離は50マイル、100km。100マイルは長すぎます」と言いながら、やはりロングトレイルの経験値は日本選手のなかでは抜きん出ている。

 このように、日本のトレイルランナーが続々と海外のビッグレースをめざすようになっている。

また、ここまで紹介した強豪トレイルランナーだけでなく、一般のトレイルランナーも多数エントリーしているようだ。みなさんにはぜひ、納得いく結果を持ち帰ってもらいたいものだ。

(アドベンチャースポーツマガジンより)
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
ツール・ド・モンブラン2009/日本人選手
2009 / 02 / 07 ( Sat )
2009年ツール・ド・モンブランに日本人選手が新たに追加されたようです。

2月7日現在エントリー名簿を調べてみました。

結果は、以下の通りです。




★The North Face Ultra Trail du

Tour du Mont-Blanc :

20名


★The North Face Ultra Trail

Courmayeur-Champex-Chamonix :
10名


★Sur les Traces des Ducs de Savoie :
1名

合計31名








特に、日本人とし注目されるトレイルランナーを確認します。

まずは、

男子選手では、


鏑木毅さん(2008年大会総合4位)

石川弘樹さん(トレイルランナーの伝道師)




そして、女子選手では


間瀬ちかやさん(国内最強女性トレイルランナー)





日本代表として実力あるトレイルランナーですから、”優勝”の二文字が大いに期待されます。

僕も“Finisher”の称号を得るべく、トレーニングに励まなければなりません。
不安と期待が満ちた気持ちを大切に、その瞬間瞬間を楽しく日々を過ごした。

エントリーしている日本人選手全員が、シャモニーのスタートラインに立つことを心から念願して止まない。


そして、僕を含め果たして如何なるドラマが展開されるのだろうか?

諦めなければ夢は叶う!!・・・・本当だろうか?

続きを読む
Ultra-trail Du mont-Blanc | トラックバック(-) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ