旧東海道走り旅続編 藤沢宿から小田原宿まで40.8キロ
2007 / 11 / 05 ( Mon )
20071105195708旧東海道藤沢宿 遊行寺正門



旧東海道走り旅続編


藤沢宿から小田原宿まで、40キロを”まったりと時間をかけて”走破しました。

どうしても、海を眺めたくてまた旧東海道を走旅です。

特に藤沢宿では、遊行寺の大きさに驚きました。

本日は、会社はお休み。振り替え休日である。

そんな訳で、再び“旧東海道走り旅”を企画する。
コースは、藤沢宿から小田原宿。そして箱根湯本駅をFinishとした。
天気予報によれば、西から天気は崩れて午後より曇り空になるらしい。


夜は雨かもしれない。
午前5時過ぎの最寄り駅始発電車に乗車して、藤沢本町駅を目指した。

午前6時過ぎに、旧東海道そばの藤沢本町駅に到着する。

ちらほろ会社に急ぐ会社員が慌ただしく、車両に吸い込まれていく。

僕はといえば、平日の月曜日にも関わらずお気楽気分。

なんと贅沢な気分を満喫しているのかな?

藤沢宿では、遊行寺の境内を散策しる。その広大な敷地に驚きました。
特に、小栗判官の墓を発見したのが、大きな収穫です。

藤沢宿町並み




さらに、源義経首塚や首洗井戸などを発見・・・知らなかった!!

しばらく藤沢宿で時間を過ごしたが、さて先を急がなければなりません。
小田原宿を目指して、足を速めます。

藤沢宿際立つ蔵



茅ヶ崎を通過すると相模川(馬入川)が現れる。馬入橋を渡ると平塚宿は間もなくである。

平塚は、以前約2年程住んでいた街。馴染みのある街を訪れると、不思議と懐かしい。
20代の頃の自分が居た街である。

花水川を渡ること、高麗山が遠望できる。この山にも何度も登ったことを思い出す。
山頂には鉄塔展望台があり、ポール状に柵には多くの錠前がぶら下がっている。

よく見ると、カップルの名前が書かれている。
すべての錠前がそうであるように、縁結びの山らしい。展望台からは、相模湾の地平線が眺められる。特に海の夜景が綺麗だと聞いてはいる。

漁船のライトが暗黒に映し出され、揺れる波間に反射する光が幻想的らしい。
だが、まだ夜間には登った経験がない。

午後から曇り空。弱い日差しが、なぜか悲しい。
真夏の日差しとは違い、まだお昼だとう言うのに、視覚的には夕方の時刻と錯覚する程である。

大磯は旧東海道の杉並木が有名である。
見慣れた情景ではるが、やはり古の旅人と幻想してしまう。
ひとつひとつ幹の太いその杉を数えているうちに、悠々と流れている酒匂川が現れる。

少し長い酒匂橋を渡ると、小田原宿に至る。
もちろん、町並みの上に浮かんだ小田原城が遠望される。
空模様もすでに雲が幾重にも重なり、漆黒の斑となり今にも泣きそうな天気である。

小田原城を避けるように、旧東海道が海へと大きく蛇行する。
どの城下町もそうだが、往来する旅人を避けるように街道が造られている。
いくつもの辻が残されていて、迷路のように昔は存在したようだ。

これは防衛上の理由によるところもあると聞く。
小田原宿は城郭の宿場でもある。

東海道本線のガードを潜り抜けて、右折すると板橋の見附が忽然と現れる。
早川に沿うように造られた新道とは違って、旧東海道は車両の通過も少ない。
街道の面影を残した町並みが続き、まるで江戸時代にタイムスプリットしたように心がワクワクドキドキする。

何時来ても、それは好きな瞬間である。

旧道を抜けると、長くてダラダラした坂道を上ると新道が、現代へ開かれた扉となり
白々しく興醒めしてしまう。

午後4時過ぎに箱根湯本駅に到着する。平日ではるが予想したよりも観光客の姿が多い。

汗が残る肌を痛々しく感じて、御用達の“やじきたの湯”を訪れる。

至福のひと時と共に、黄色き泡水を頂く。今日の健康に感謝する瞬間を享受する。

改めて、2008年に開催される


スパルタスロンに参加する チームメンバー


の補欠者を募集してましたが、


エントリーを宣言した”ミチヒロさん”が

決定しました!!



これでメンバーが揃いました!!




現在までの、スパルタスロン2008


参加に賛同していただいた皆さんは、



以下の通りです。




ヒロ児玉さん

ファンタジスタさん

zep-hiyamaさん

ミチヒロさん

そして、私アロハ。





以上5名です。






一人でスパルタスロンに初挑戦する皆さん!!


宿でもレースでもひとりではなかなか辛いものがある。

仲間がいると、どんな状況でも相談できる気がするから不思議です。

Team The Horizonとして、チームを組んで頂き完走を目指しませんか?


既存メンバーだけでなく、一般に公募致します。

スパルタスロン2008完走を夢見て、同志を募ります。

このプログを読んでいただき、興味があるランナーの皆さん!!

コメントを頂ければ幸いです。

もちろん、メールアドレスをお知らせくださいね!!
旧東海道2007走り旅 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<New York Marathon Today | ホーム | 足利尊氏公マラソン /ファンタジスタさん>>
コメント
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2011/02/26 16:04 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://alohamoana.dtiblog.com/tb.php/1042-d646db61
| ホーム |