最後の言い訳
2009 / 12 / 20 ( Sun )
逝ってしまう友へ



12月某日、”余命3ヶ月”と医者に宣告された友からメールを頂いた。

最後の瞬間に、どうしょうもなく孤独を感じた。

これからどんな言い訳を見つけて、友と付き合えばよいのだろ?
どんな言い訳で、友に言葉をかければよいのだろうか?

そして、私が信じた事も、言い訳が多い。

今日は疲れたから、休むよ!
今日は仕事が忙しくて、明日に先に延ばしましょう!

最後の自分の弱い真の姿をさらけ出して、どうでもいいような生き方が一番いいのかもしれない。

こんな生き方が良いのだよ・と。押し癖まがりの言葉を信じてはいけない。

人生は、一度だから自分の信じた姿・・・・生き方を進むべきです。

他人からいろいろ言われても、自分らしく生きることが本当の生き方かもしれない。

それは仕事とでも私生活でも、人生を楽しく過ごさなければなりません。

人生は楽しい・・生きる価値が人それぞれにある。

どんなにも辛くても、人を苦しめる言葉を吐かない。
いいじゃやないですか?一人ひとり歩くペースが違うように、生き方も違うのでしょう!

病に苦しむ君も、そして生きることに疲れた友も、諦めないでください!

人はどんなことでも生きなければいけません・・つまり、自分の寿命を全うしなければなりません。

案外死ぬのは簡単かもしれません。でも、せっかくこの世に生を受けたのですから、最後まで生きましょう。

そして、生きていく以上は、心に残る感動を喜びを刻みませんか?

日々、感情をそぎ澄ましながら生きています。

生きるだけで、無感動な日々で価値がありません。感動してこと、生きる価値があるのです。

そんな生き方をしてみませんか?



そして、生きる証をどこに残しますか?
息を吸うように、生きた証を?





告白 | トラックバック(-) | コメント(1) | page top↑
<<スパルタスロン2009を振り返る | ホーム | 日本山岳耐久レースとWS100を検証する!!>>
コメント
--忘年会のこと--

アロハさん、携帯にメールしたら、戻ってきてしまいました。

SNSにも書いたのですが、27日から30日まで息子のお迎えをしなくてはなりません。そこで、忘年会の場所と時間が知りたいのです。なんとか忘年会に参加したいと思っています。

決定していたら、連絡してほしいのです。SNSに書いてくれても、このブログでも、携帯にメールでもかまいません。

よろしくお願いいたします。
by: chama * 2009/12/22 14:54 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |