ギリシャからの便り/つーやん
2010 / 03 / 12 ( Fri )
第6回Panelonios Agonas 100Km


土曜日(3月6日)の100キロマラソンの報告です。

結果は84キロ(フル2本分?)リタイヤ。

参加者は80人でスパルタスロンの参加資格の10時間30分を切った人は10人
を含む時間内(12時間内)完走は合計18人でした。完走率は22.5%の厳し
い結果でした。(12時間台の時間オーバー完走は6人)

         ラップ          合計 
スタート→10k 50分35秒
10k →20k 52分33秒   (1時間43分9秒)
20k →30k 1時間1分26秒 (2時間44分36秒)
30k →40k 1時間9分4秒  (3時間53分40秒)
40k →50k 1時間17分43秒(5時間11分24秒)
休憩11分50秒          (5時間23分14秒)
50k →60k 1時間24分54秒(6時間48分9秒)
60k →70k 1時間21分47秒(8時間9分56秒)
70k →80k 1時間26分11秒(9時間35分7秒)

80k →84k 42分50秒   (10時間17分58秒)

金曜は夜1時に仕事が終わり午前2時くらいに帰宅。
シャワーを浴びご飯を食べ午前3時に就寝。
朝4時半に起床して3週間前に捻挫した右足首に捻挫予防用のテーピングをしてレ
ース用におにぎりを5個作りご午前5時過ぎに家を出ました。

集合場所はアテネクラシックマラソンのスタート地点なので間違える事はないと思
っていましたが途中うっかり道を行き過ぎてしまい曲がる場所を間違え到着がレー
ス15分前になりました。

ゼッケンを受け取り着替えてウエストポーチに必要そうな補給物資を入れスター
ト。
コースは25キロを4周するコースなので3回は自分で用意した物資が補給できる
があまりにもスタート前バタバタしたので車の中にそれらを置いたままスタート。

朝は気温が9℃と走りやすい状況でした。
スタートして寝不足のためのハイテンションか体の調子が良かったのか分かりませ
んが軽く走っているつもりでも先頭集団の中にいました。これが後で取り返しのつ
かないことになりますが・・・。

10キロのときは50分35秒で確かに早いと思いましたが体が軽いのでそのまま気
にせず走っていました。
途中13キロ〜14キロの地点で湿原地帯みたいなのを横切っている道路のコースが
ありました。そこの水が道路に溢れていて足首の上まで浸かる地点が4箇所ぐらい
長いので50メートル続いたところがあり靴の中はビショビショ。

20キロまでの10キロは52分台でさすがに早いと思いペースを落とし先頭集団から
離れました。

コースも2周目に入り30キロまでの10キロは1時間1分で理想のペース。
キロ6分ペース(10キロを1時間)で走るのを考えていたのでこのまま行けばスパ
ルタスロンの参加資格の10時間30分以内までは45分の貯金。

40キロまでの10キロはまたもや湿原地帯で精神的に参りました。
少しペースが落ち1時間9分台。

50キロまでの10キロは足がふやけた感じがしたのと20度以上の気温に暑くて
ペースダウン。
ペースダウンしすぎてこの10キロ1時間17分もかかっていました。

2周目終了時の半分のこの時点で5時間11分で焦りましたが楽しみにしていた焼
肉入りおにぎりや後半の補給物資、靴下などを車まで取りに行きおにぎり食べまし
た。美味しかったです!
靴下を換えようと思い靴下を脱いだら豆防止のテープが剥がれていたりテーピング
の境目とかかとの部分が擦れて水ぶくれができてました。
さほど痛みを感じ無かったので12分ちかく取った休憩の後に巻き返しをしようと
しました。

休憩を取っている間に66歳のおじさんが追いついてきて驚きましたが3周目はこ
のおじさんと一緒にスタート。ところが休憩を取りすぎたせいなのか前半にペース
が速かったせいなのか足が動かない状態で70キロまではキロ8分台になり結局こ
のおじさんと1周同じぐらいのペースでした。

目標の10時間半は切れない時間になりましたがここまできたら時間内完走を目指
そうと思い75キロから80キロまではキロ7分台までペースを上げましたが80
k地点で靴の中が痛くなり歩き主体になり後ろから来たおじさんがギリシャ語で話
しかけられ握手をして別れを告げ例の水溜りの場所の手前の84キロ地点の補給所
でリタイヤを告げました。

係の人に聞いたらほとんどの人が途中でリタイヤして僕がリタイヤした時点での走
っている中での最後方人だったみたいです。

収容してくれる車でスタート地点に行きましたが車の中で昔船乗りで日本に行った
事がある人や空手を習っている人が片言の日本語をしゃべってきて楽しかったで
す。

スタート地点に戻り休憩しようと思い車の中で着替えて座ったらいつの間にか眠っ
ていて起きると2時間経っていて辺りは真っ暗になっていました。
気がつくとあの66歳のおじさんがゴールに向かっていました。
12時間39分と時間外でしたが残っている皆が拍手して感動のゴールシーンでし
た。

水溜りや気温や寝不足など条件は悪かったですが完走している人もいるのでそんな
のは言い訳になりますので次は目標達成目指します。目標は達成できなかったです
がかなりたくさんの収穫や課題が見つかりました。あと明らかに今回のレース直前
の3ヶ月間トレーニング不測です。
この経験を生かして次の100キロマラソンは10時間30分切れるようにトレー
ニング積みたいと思います。

ということで今年もスパルタスロンはサポートに徹したいと思います。
メンバー完走記 | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑
<<「作品第1004番」 宮澤賢治 | ホーム | マラソンは、動脈硬化のリスクが高い?>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |