大晦日は、走りお納めです!!108km
2007 / 12 / 31 ( Mon )
20071231194802強風が吹く江ノ島東浜を走る!!







大晦日・江ノ島マラニック108キロ


ただ今、帰宅しました!!

今年最後の走り納めは、湘南マラニックです。

午前3時前に自宅(横浜市青葉区)をスタートして、一路藤沢に・・。

藤沢から旧東海道を走り小田原に至る。

ここで早めの朝食をとり、折り返して藤沢〜鎌倉を経由して葉山を折り返す。

そして、藤沢駅に戻る。


御用達の銭湯”富士見の湯”に浸かる。
疲れたけど、気分は最高!!

海岸沿いは風が強くて、難儀しました。

銭湯は大晦日と言うことで込んだました。

そして、年始恒例の箱根駅伝の交通規制の看板があちことにありました。

いよいよスタートが迫っています。

続きを読む
spartathlon2007 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
2007年を顧みると、やはりスパルタスロンに至る!!
2007 / 12 / 30 ( Sun )
今年は、スパルタスロンで始まりそしてスパルタスロンで終わりました。
本当にスパルタスロン完走だけを信じて、6月から始めた旧東海道ジャニーラン。

手ごたえを感じて意気揚々と臨む“奥武蔵ウルトラマラソン”での6時間20分54秒・・・堂々の年代別4位であった。

そのままピースラン(広島〜長崎)までのリレーマラソンに挑戦!
8月上旬の蒸し暑い一週間を走りとうせたのもスパルタスロンが目の前に迫っていたからです。

そして、自信満々で臨んだスパルタスロン2007.
結果は、ご存知の通りに夢は儚く終了でした。

それ以降は夢遊病状態の精神的ダメージと体調不良から
どうしてこんな走りをするの?と思う位に納得のいかない日々が続きます。

そんな悶々の日々の中を、四万十川ウルトラマラソンで復帰への手ごたえを感じ、
そしてホノルルマラソンで自信の回復を狙うことに。

大会にもエントリーする数も絞り、自己鍛錬の日々が続く。

そして迎えた2007年12月9日(日)ホノルルマラソンのスタートラインに立っていた。

タイムも2時間48分21秒。納得できる走りに、完全に自信を取り戻すことができた。

ようやく、スパルタスロンでのリタイアしたトラウマからようやく解放されたようです。

年末での神宮外苑24時間走に挑戦したが、ホノルルマラソンからの体調不良と悪天候により完全に自重して、流し程度の走りに徹した。

そして今年も残すところ後一日のみ。

来年も大きな目標は、もちろんスパルタスロンのみ。
それまでには、24時間走を中心に鍛錬したい。
とにかく長い距離を踏まなければならない。

明日は、再び湘南マラニックを企画しました。

自宅(横浜市青葉区)から藤沢を目指して、小田原を折り返して再び藤沢に。
藤沢から鎌倉〜逗子〜葉山まで至り、この葉山から逗子〜鎌倉〜藤沢にてFinish!!

走行距離は、約100キロ程度?

目標は大きく楽しく・・・湘南マラニック100キロ!!


続きを読む
spartathlon2007 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これが本当の最後忘年会です!
2007 / 12 / 29 ( Sat )





昨夜は、チーム忘年会が行われました。

ご参加頂いたメンバーの皆さん!
本当にありがとうございます。
これからも、よろしくね!

さて、私事で恐縮ですがスパルタスロン2008完走に向けての大切な年です。
チームとして、まずお台場24時間走がスタートになります。

その意味で、新たな年として大会後に新年会を行います。
ここでは年始の新年会を意味するものではなく、精神的旅立ちと考えて頂きたい。

遥かギリシャの地に立ち、それぞれの想いをぶっけましょう!

スパルタスロンの第一歩は、お台場から。



20071229123009
spartathlon2007 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最終忘年会のご案内
2007 / 12 / 27 ( Thu )
最終忘年会のご案内

明日は、仕事納めですね。新年も元気で走れるといいですね!


2007年も間もなく暮れようとしてます。

いろいろな大会に参加しえ、嬉しかったことや悔しいことなど思いで深い年になりましたか?
旧年の思い出を語り、新年の抱負を誓う忘年会としたいですね!!
メンバーの皆さんの懇親を深め、走ることを通して人の出会いを大切にしたいですね!!

さて、今年最終忘年会の詳細が決定しましたので、ご案内申し上げます。



日時:12月28日(金)18:30〜20:30

会費:男:5000円 女:3000円

会場:大人の居酒屋 神田 とら八

東京都千代田区 神田3−5−1大畜ビル1F

TEL 03−3257−0388

http://r.gnavi.co.jp/b188000/

アクセス:JR神田駅西口徒歩5分

続きを読む
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神宮外苑24時間チャレンジ記録会始末記その弐
2007 / 12 / 26 ( Wed )
1.325?の距離を、グルグルするだけの単調な“時間走”と思われますが、これがなかなか病みつきになりそうです。

選手の視界には、同じ風景が何度も何度も繰り返すだけ。
精神的に辛いな〜と思う皆さんもいらしゃるかもしれません。

24時間走を経験すれば分かりますが、精神を集中してくるとそんな辛さも忘れてしまうから不思議です。

マイペースで24時間を楽しむのであれば、仮眠をとったり仲間と雑談などを交えながら和気藹々で一日を過ごすことも可能です。

しかし、神宮外苑24時間走に関して言及すれば、全く話は別です。
まさに、剣勝負のレースです。
日本代表を狙う選手にとって、このレースは重要である。
記録によれば、選考対象選手に選出されるからである。

曇り空の日中に比べて、夜は雨を覚悟をしなければならい。

日没から降り始めた冷たい雨は徐々に勢いを増して、選手の体力を奪っていく。
さらに断続的に強く吹く風は、横殴りとなり選手の顔面を襲う。

これらの相乗効果により体感温度は、さらに寒さを深め、身体を突き刺すのです。

過去最悪の天候の中で、24時間闘い続けた選手は壮絶の一言。

日付が23日(日)に変わると、状況が一変した。
ますます冷たい雨が、冷たい風が勢いを増して容赦なく選手を苦しめる。

実力のある選手さえも、一旦立ち止まると身体が冷えて脚が止まる。

リタイアが続出で、仮設テントに横たわる選手はつかの間の仮眠と暖を貪る。

選手も大変だが、サポート、スタッフの皆さんも寒風吹きさらす屋外に立つ姿が痛々しい。

こんなに過酷な気象条件でも、記録と闘いながら気力を振り絞り走り続ける選手達。

睡魔と悪寒で、身体が左右に揺れながら蛇行を繰り返して走り続ける選手達。

遂には走れなくなってしまう選手の手には傘が握られて、一晩中歩き続ける選手達。

…雨にも負けず、風にも負けず…で知られる宮澤顕治の言葉通りの世界を徘徊するような選手達。

それは、まさに壮絶の二文字に価する。

走り続けることも大きな決断。
走ることをやめるのも大きな決断。
脚が止まれば、それまで。
気持ちが切れたが最後、冷たい雨の中に飛び出す勇気も萎縮してしまう。

刻々と時間が過ぎて、最後の瞬間が訪れようとしている。
自分自身に対して大きな決断が迫る。
寒さと疲労から来る低体温状態に落ちて、身体が動かなくなる。
平行感覚はすでに壊れて、いつでもコースアウトしそうな状況が続く。

私は、決断する。
これ以上は無理をしてはいけない。
レース後のダメージを恐れ、今の体調を考慮すると継続は不可能。

仕事への影響も心配される状況に、憂いていた。

でも、リタイアだけはしたくない。体力の回復を祈り用意したテントの中に逃げ込む。

しかし、テントの中にしみこんだ雨水が待っていた。
濡れたTシャツに着替えて、寝袋に包まれる。

暖をとるつもりが、濡れた衣類ではうまくいかない。
寒さに震えながら、眠ることもできずうつらうつらと横になっている。

どれくらいテントの中にいたのだろうか?最初に時計を見ると午前1時を過ぎていた。

まだまだ横になりたくて、目を閉じた。
再び時計を見ると、午前3時を過ぎている。雨音がテントに当たり、気持ちが落ち込んでしまう。

暫く躊躇しながら、マウンテンパーカーを被り靴も変えた。
自分に言い聞かせるように、“今しかない!!”と。
自分で自分の肩を押す。

専属のサポートが付いていないので、何から何まで準備しなければならない。
思ったよりもロスタイムを重ねる。

今後は、検討の余地がありそうだ。

コースに戻ると、周回を続けている選手が少ない。大方はすでにリタイアしたようで、大会本部前に置かれた選手用テーブルの上には、空きスペースが多い。

最後までコース上に居らねなかったのだろう。
あれだけ闘っていたのに・・。
ひとりひとりの選手に、がんばってと声をかけたのに・・。
どうしても、走れなかったのでしょう。

雨は相変わらず深刻で、止むことを知らない。
風は相変わらず激痛で、止まることを知らない。

続きを読む
神宮外苑24時間走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
神宮外苑24時間チャレンジ記録会始末記その壱
2007 / 12 / 25 ( Tue )
神宮外苑24時間走チャレンジから、無事に生還しました・・・と言ったほうがいいだろう。

スパルタスロン2008に向けての鍛錬の第一陣・・・目標は200キロ達成

ただし、冷たい雨が続くようなことがあれば無理をしないこと

第一回神宮外苑24時間走も冷たい雨・・・つまり、氷雨に泣かされた。

それもほとんど24時間である。指先は白色に変化して、1ヶ月以上手指の痺れが続く程であった。

神宮外苑周回コースの距離は、1.325キロ。もちろん、陸連登録されたコースである。

作戦としては、この周回コースを前半の12時間を“8分台/周”ペースで抑え、後半12時間は7分台/周にペースアップを狙っていた。

一日24時間は長くて、自分のペースをいかに守るかが時間走と特色である。
普段通りに走れば、200キロは楽勝なので、心配の種は雨のみ。

天気予報によれば夜より雨が本降りになるらしい。
防寒対策と雨対策をけんとうしなければなりません。

シャツを多めに用意して頻度に着替えること。

防水機能(できればゴアテックスがいいのだが・・。)重視してマウンテンパーカ一着を用意した。

それから、山岳用のテント(タープ付)を設営する。こちらの素材は、ゴアテックスである。

また、ユニクロ製のフリースも二着準備。

荷物は多くなってしまったが、これで準備もOKです。

12月22日(土)午前9時
IAU公認神宮外苑24時間チャレンジがスタートした。
続きを読む
神宮外苑24時間走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2008年度新年会のご案内&お台場24時間走ラン
2007 / 12 / 24 ( Mon )

2008新年会を、


”お台場24時間ラン&ウオーク

(2008年3月1日(土)〜2日(日) ”

後に行います!!



Team The Horizonメンバで、スパルタスロン2008にエントリーする皆さんは必ず参加すること。

走行距離の目標は、最低100マイル(160キロ)を走りきる体力が要求されます。

24時間走とは、ご存知とは思いますが24時間内にどれだけの距離を走れるかが問われるレースです。

スパルタスロンを本当に完走したいと想いの強いメンバーの皆さんは、今回は必須とします。

何度も言いますが100マイルの距離を達成しなければスパルタスロン完走は夢のまた夢・・・。

厳しい事を言いますが、この100マイルの距離を走れないメンバーには、リタイアの覚悟も必要かもしれません。

スパルタスロンは絶対に甘くは無いことを、私は今年痛感したからです。

36時間内で、アテネからスパルタまでの246キロは、暑さもそうですがサンガス山を始めてとする起伏の激しいコースです。

そのためにも、走力・・・つまり、長い距離を走る足腰が必要です。

神宮外苑24時間走に参加して、今年スパルタスロンで女子の部で優勝した


坂本明子さん


の姿を追っかけていました。

小柄で気さくな彼女は、走ることに関しては真剣で、ほとほと頭の下がる想いもで一杯でした。

深夜から朝方まで冷たい雨の中を周回する彼女は、やはり人間でした。

睡魔と体力の限界の中にある彼女はふらふらになりながら歩いていました。

左右に蛇行を繰り返しながら、よれよれとしたその姿に昨年の神宮外延24時間走を思い出していました。

昨年の大会では、体調も悪くて記録的には本人にとっては情けないようでした。

地元熊本放送TVクルーが24時間撮影しているシーンの中で、かなり緊張しぱなしだったもしれません。

不甲斐ない自分に、Finishしたときの悔し涙が忘れません。

そして、その悔しさがスパルタソロン2007での優勝となったのではないでしょうか?

今回の第二回神宮外苑24時間走も同じで、不本意な成績に対するリベンジのような気がしてなりませんでした。

継続的に振り続ける冷たい雨に凍えながら、フラフラと揺れる小柄な彼女・・・坂本明子さん。


どうして?なぜ?そこまでしなくても?・・・・どうして必死に頑張るのだろうか?と、知らず知らずに私は自問を繰り返す。

私といえば体調が悪いからと、約4時間ほど仮眠をとる始末。つまり、自分に負けたのです・・・情けない気持ちで、今は悲しい気分です。

それに比べて、腰痛に泣きながら必死に前に前に進む彼女の姿に、改めて感動を覚えてしまいます。


そこには自分には残念ながら存在しえない執念の篤い気持ちが身体と精神を動かせているものと信じています。

スパルタスロンとは、そんな選手でなければ完走なんてできるはずが無いなと、確信しているのです。

これは大げさな戯言ではなく、事実です。

100キロの距離を、タイムだけで評価するものではありません。また、同じく42.195キロも同様にタイムだけでは評価できません。

どんな状況におかれても、前に進む強い力・・・それこそが求められる本来の力であると信じます。

くどいですが、チームメンバーの皆さんで本当にスパルタスロンを完走する強い意思がありましたら、来年2008年3月1日(土)〜2日(日) に開催される“お台場24時間走”にご参加ください。

目標は、100マイル(160キロ)。

来年もスパルタスロンは、私を含めてリタイアの悔し涙だけは経験させたくありません。

完走の嬉し泣きで、チーム全員の完走を願いましょう!!
続きを読む
spartathlon2007 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
IAU公認神宮外苑24時間走が終了しました!!
2007 / 12 / 23 ( Sun )
20071223104201

応援していただいた尚ちゃん、よく頑張ったことみさん、不甲斐ないアロハ、
バンバンクブンの○幸さん、忙しいお店にも関わらずスタートから本日のフィニッシューまで応援いただいた女将さん・・・・ありがとうございます。礼






無事に終わりました。終わると雨が止み、ついてない。泣
応援頂きました皆さん!ありがとうございます。礼


不本意な結果に、落胆しています。
冷たい雨に、泣かされた24時間。

夜は、嘔吐を繰り返して私設テントの中で深夜3時間ほど仮眠。

しかし、雨がテントの中にしみこんで着替えがすべて濡れて冷たい。

寝ようとするも熟睡もできず、うつらうつら・・・泣


最後まで胃に泣かされた、24時間でした。


100マイルにも達成できずに、後悔の残る24時間走。




神宮外苑24時間走 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
115周
2007 / 12 / 23 ( Sun )
20071223080019
やつと、115周!
ホノマラでは、スピード鍛練のみでしたので、持久力が落ちです。これからの課題です。まだ、冷たい雨が続いてます。疲れるな!ことみちゃん最後の気力で歩いています。頑張って!
神宮外苑24時間走 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あと少し
2007 / 12 / 23 ( Sun )
20071223053903
残すところが三時間!
神宮外苑24時間走 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ